写真:いろいろな機体の色があるFDA。

今回、静岡でセラピストさんに向けた練習会やメンテンナンス講座、
そしてアセスメントセミナーでもお話しさせていただきました!

ご参加いただきましたみなさん、
お招きいただきました阪本恵美さん・小澤敦美さん、
ありがとうございました。

とても有意義な時間でした!

今回はいつもと違うスチュエーションとして
温泉付きのホテルに滞在しました。

いつもの東京や関西への出張は非常に忙しく日々を過ごし、
サラッとみなさんに有効なことをお伝えして帰りますが、

今回はわたしもじっくり自分のしてきたこと、
自分がこれからすることを富士山を目の前にして感じ考え、
さらには恐怖にも似た人生観の脱色をした上で
みなさんに効果あることをお話しすることをしたように思います。

その意味は、今日の戦争記念日もそうですが、
やはり更なる飛躍を求めるわたしたちの問題は
地球の状況に合わせることが一番いいのかと思います。
ですので、その場その場に合わせた
土地のエネルギーにも合わせたやり方を
その土地土地の方にお伝えしていくのがいいと思います。

今回の講座やセミナーには
遠方からご参加いただいたセラピストさんが
いらっしゃいました。

その方々にはその方に合わせたことをお伝えし、
さらには土地にも意識を持ちながら
生きる姿勢などを確認していくのが
今の状況にはとてもふさわしいことかと思います。

二人の方が共同開催者として
いろいろとお世話をしてくださいました。

毎年静岡にも行かせていただくのですが、
それはそれは静岡の富士山には気後れするというか、
自然の大きなエネルギーにはまだまだかなわない
繊細で微細な情報を受け取るオパでしたため、

“荷物を一式忘れる!”
”事前に足が痛くて歩けなくなり続く!”
”嵐コンサートのため宿が取れない!”
”飛行機が飛ばない!”
”こんなことあるの!?”
といったことが続いたこれまでの静岡出張でした。

でも、今回は違って
わたしもその土地になれるために
のんびりした時間配分をし、
さらにはその時間を有効に使って
みなさんとたくさんお話しもできたように思います。

やっと、地球に着地したオパは
誰にもOKなオパになったと思います。

写真:大井川を徒歩で渡る(釣り橋)

とういう静岡。
お茶とみかん処。
小さい頃お茶とみかんが大好きだったお茶目なわたしは、
母から「あなたは静岡にお嫁にいくといいね!」
と何度も言われていたのを思い出し、
懐かしいような雰囲気も感じながらの旅でした。

今度は来年4月に行けたらいいな♪