ある一定のルールを持つオパに関しての話。

毎日の設定はすごくいいのだけれど、
ついつい日々の生活に追われて
ここぞ!という時にオパのスイッチを入れ忘れることがある。。。
ということを聞きます。

あ~、もったいない~~~、と思うわたし。

でも、、、、
実質的にそうなるのは、
自分の本当の気持ちの中にオパへの信憑性がないとか、
オパを使っても疲労した角度が変わらないからとか、
そんな風な気持ちがあるのかな?と思う。

わたしはオパオタクでオパ大好きだから、
そんな風なことを思うはずもないところ、
でも、あるんだなあ、それが。。。

というのは、
実質上のオパのスイッチが言葉が長くなってしまっている今、
こうしよう!とか、こうしたい!とか思うその瞬間に
スイッチを入れるタイミングがずれる。。。

で、それをどのように解決したかというと

自動スイッチ!

これがあると便利!便利!

ということで、
大切なことを聞く時には意識的なスイッチを入れ、
そうでない時は自動スイッチにお・ま・か・せ!

こんな便利はない!!!!と思う今朝です。