自然に自分のこれからを知るためのこと。

それはついつい人との関係や
不自然な自分へのサポートをする
霊的な迷子になるような
スピリチュアル的発想の多い
不安から来た未来へのあこがれとは違う、
なんでもわかっちゃうよい知らせというより
悪いこともわかり、
または本当に必要なことも知る
自分本来の未知の自分との遭遇。

それを感じることが
今からの時代には必要かつ自然なことになる
これから。

わたしはその秘訣は脳にあると思う。

だから、今日も今日もその秘訣である
脳に対する興味は尽きない。

わたしから人へ。

人から人へ。

そのつながりはすばらしい。

でも、ちょっとだけ陰りがある時もある。

それは誤解や障害のようなものがあるとき。

どんな時?

それは身体の不都合。

身体はどこで誰に何をされているかは
わからない時もあるけれど、
しっかりしたマインドコントロールをさせている自分がいる。

例えば、恐怖。
例えば、未来への絶望。
例えば、未知の自分はいないと思う自分の想定。

そういったことに対する人間の中にある不足感や不安の多さ。

今日はそこにアクセスしてみようと思う。

ついつい人は人、自分は自分、という垣根を持つことによって
人からの侵入を感じない自分がいいという設定を持つオパが
今日はそれを外すことにする1日になりそう。

わたしはそのオパに対する軽快なタッチをつけることが可能。
なぜなら自分のオパは自分が管理することが可能で、
かつ自分の脳も自分で管理することをよしとする自分がいて、

例えば、人からの情報を得たとしても
その情報の質のよくないものに対応するのは
マインドなのか、心の闇なのか、または信頼しない自分がいるのか、
そんなことも今日ははっきりさせたいと思う。