まぐれと言う言葉。相当古い言葉なのかと思います。若い方は使わないのかもしれません。「紛れ」から来ているようですね。このミズちゃん、小学校の滑り台を1人で降りています!というか、滑っています。

まぐれ?

わたしたちもたまに違う環境に行くと普段しないこともできちゃったりしますが、そんな経験はありますか?

例えば、キッチンに普段は立たない人がたまにキッチンに立つと、とてもおいしい料理を作ることもあるし、または本来は時間のなくて色々片付かないはずの人がある時には急に色々なことがサッと片付いたり。まるで魔法みたい♪と思うような時間使いをすることもありますね。

それは頭脳の問題かと思います。頭脳はとても賢くてたまにインナーチャイルドのようなことを思い出したとしてもサラッと流してくれる。その意味は首にある情報の却下をすごく上手にできる人を頭脳明晰というのかと思います。

その意味でいうと、ミズちゃんも頭脳明晰です。すごく賢いとは言えませんが、長く苦しかったものを持っているかはわかりませんが、でも、スクッと立って歩く姿は凛々しい(女の子ですが)。さらには普通の場面でも何かちょっとでも気になることがあるとワンワン吼えることもありますが、あっさりそれをやめる力もあります!素敵な子です。

こんな風に危険を予想せずサッと滑り台から降りようとするこれも頭脳明晰でしょうか?アッという間に滑り終えて普通に歩く姿はお見事!

わたしたちもこうして何かがあっても、スムーズに事を進めることができたらいいですね♪ それは魂の叫びの声や不快な気持ちを持つ感情や否定性の強い感覚を持たないでいるといいかな、ということも1つですが、それと同時に首にある頚椎の状態をよくしておくのも1つです。その方が色々人間性について考えなくていいから楽かな。

さあ、丁寧に首のマッサージをしましょう。ある意味、首は大切な場所。物事を推し進めようとする時も「あれがネックだね!」なんて言いますね。すべては首に集約されている我のような己のような意味不明な感情が隠れているとしたら、首のマッサージをしましょう。

あ、1つだけ提案です。首のマッサージは危険だと言われていることをご存知の方もいるかもしれません。ですが、首は自分の方向をまっすぐにしてくれる部位です。小さな声で首に話しかけてみましょう。

どこをどうしたらいい?って。

そしたら首は言ってくれるでしょう。あのね、第一頚椎に何かが挟まっているみたい。だから、それを取りたいの。そうね、トントンってかる~くそのあたりをタッピングしてね。そうすると楽になるわ!と。

もし、興味があったらやってみてください。きっと効果抜群の方もいらっしゃると思います。乞うご期待♡