いつになく
今日はいい日になる予感がする。

なぜって、頭が軽いし
喉もいい調子。

何かにつけ
脳に新しい空気を取り入れるため
大脳新皮質は動きがある。

動きの激しい時には
あまり上手く行きにくいことがある。

それは歩行運動。

斜めになるし、
右による。

これは人によることが大きい。

さしずめわたしは右に松果体を
置くクセがある。

だから、それを右じゃなくって🤜
真ん中なんだって🌷

と、さんざん言う大脳新皮質。

それに従いたくない松果体。

そうすると、歩行困難になる。

だから、わたしはいつも大脳がたより。

あなたがバランスとってよね💕と。

しかし、今日は大脳は
バランスは取ってくれそうにない。

はじめて思う
首の痛んでいる部位の修復の大切さ。

きっと大脳がバランスをとる暇がなくても
首は自分がここてバランスとるから❗️
と頑張ってくれたから
歩行はよかったんだろうな。

あ〜あ、首が斜めになるのは
バランスとってたんだ🌷と
気づく。

首に言おう。
もうそんなことはしなくていいから❗️と。

すると、これまで
首に頼ろうとしていた大脳は
シャキッとするに違いない。

昨日は、体中で聡明を感じてみて
結果は大脳に刺激がいったような
気がする。

そして、わたしははじめて
孫の宿泊体験をやってみることになった。

これでやるべきことは終わった。

孫がわたしを
〝オパっちゃま〟と呼ぶから
わたしはそれに対応するといいだけだと
思った。

〝オパっちゃま〟という呼び名は、
今から40年前に遡る話。

兄に子供がうまれ、
大きくなった時
まだ20歳すぎたばかりのわたしは
〝おばちゃん〟と言われそうになり、

やめてね!と強制終了し、
〝おばっちゃま〟と呼ばせた。

その名残で、
それを聞いていた息子は
自分の子どもにわたしを
〝おばっちゃま〟と呼ばせた。

〝おばあちゃん〟の代わりに。

そして、孫はいつからか
〝オパっちゃま〟と呼ぶようになった。

嬉しい響き。