すばらしい自分を想定する時代は終わって、これからの時代はとても精密な機械が動くかのように脳とエネルギーをつないだ自分を表現する時代。

そこにある絶対的なものがある。それが鍵。その鍵はどこを探しても見つからないと思うのはまだ早い。

”ずっと探していた~!”感覚があっても、それは自分の時間と空間の認識を外さずに探していたから見つからなかったのであって、それ以上、それ以外のやり方がありますっ♡

きっとある程度の情報はすごい角度でやってきて、その情報による毎日を誰でも過ごしていると思います。ある時はテレビから、ある時はパソコンから、ある時は自然な空気から。そこにある情報の質の全体をつかむのはわたしたち人間が自然に行うことですからね。

さて、そこを上手に使うとしたら、もっと自信のある自分、それと同時に叫んでも叫んでも実体のない感情を手放せない自分、どの自分の角度をしっかり持とうとするのか、それは本人の決心次第かと思います。

それが事実関係として迷わなくなります。迷い=いつまでたっても決められない。それはやめましょう。

決めることは一度やってみること。やってみることで芝居のようなまるで見えないことに怖れる自分はいなくなり、そこから現実としてすべての受け入れが始まっていきます。

さあ、”こうしたいな♡”や”これどうなんだろう?”と思うなら、やってみるといい。やらない選択もあるので、そこは自分で確認し、やりたい時はやってみる時。そうして自分の本当の気持ちがどんどんと埋まることになり、それはとうとう海馬という過去を知る脳に”ごめん!もうやめるね!”と嘘とは思わないけれども、過去の情報でこれからの自分を判断する経過観察も含んだやり方は終わります。

さあ、やってみよう!と思ったら、やってみる。それがいいかと思います。

過去の自分はもういない。そこにあるものは過去の空気から受け取った自分。それをどこ埋め込んでいるかは自分次第。埋め込んでいるのであれば選択することが可能。捨てることはなかなか難しい。だから選択したらいい。外すことでもなく、ただ選択すること。過去の情報で生きるのか、新しい未来に向けて自分を表現するのかを。

では、今日も1日、お元気で!