ここ数年来、すごく興味があったのが
自動的解体や解除。

それはとてつもない感覚的遮断にも
似たものだった。

そして、それは終わった。

肺と心臓のどちらかにあるかもしれない
不安の材料の不信感の塊は、
きっと流れるに違いない。
そう。きっと!と、
楽しくないけれど、
しっかりそこを流すと決めた方向で
どんどん流すことを試みた。

そして、やめた。

不安とか不信感とかの元にあるのは
自律神経やホルモンの状況の悪さ。

じゃあ、そこに対するケアをするといいだけ。
いや、それがそう簡単ではない❗️
ことは知っている。 

なぜなら、そこにはまるで自動ドアのように
立ちふさがっている何かがある。

えっ?自動ドア?

そう。自動ドア。

だとしたら、やめておこう。。。。
としていたこれまで。

面倒?
諦め?
社会の蓋のように感じた何か?

あ~あ、わからな~い。
もうどうでもいいや!

なんてことは思わない。

で、スタスタと歩いていこうじゃないか!
ということで、

時間の制限なしにやってみた。
それは不快感の状況を作った
破壊的行動をした時の残骸の整理。

おっと!できた💛

結構、うまくいくじゃないか!
なんて思って、
次々とそれを調整し続けている今、
本当はとてもシンプルな身体のつくり
だと思う。

そう。

リンパを自動ドアにするのではなくて、
松果体を自動ドア的発想で動かすのがいい。

その松果体。

いつも律していることも必要だし、
それでいて簡単な問題は普通に
アッという間に解体してくれ、
さらにはどうしようもないことも
理解してくれる松果体。

あっ!と思う間もなく、
身体全体につなぐエネルギー。

そう。

それにはリンパをつなぐ場所
の確定が必要。

リンパが流れるために必要なことは
何だろう?

そう。

それが松果体をセンサーにして
大脳と大脳新皮質が松果体を守る
守備能力を備えていること❤️

すると、

何かあると松果体単独ではなく、
しっかりとした現実を見据え、

未来を見据える状況を作り、

新たな自分の未来を現実化する
能力を発揮する。

あ、いいじゃん🌺🌷🌸🌻