最近、色々なことを発見しています!最近の講座宿泊の際は、楽しいことの連続!

今までたくさんの方にこちらにお泊りいただいています。その中のお1人は、”一緒にご飯を作りたい!”とか”何かできることはありませんか?”など一緒に生活する形の宿泊、または講座の後の感想を話すなどしながらの次のことを確認する作業をしたい!という希望をお聞きしていました。

わたしもそれは楽しそうと思い、そうしたいと思いました。ですが、なかなかそうならなかった理由があります。それは疲れの激しい講座もありました。すっかり講座に夢中になるためその後の脳の落ち着きを待つ「待ち時間」として仮睡眠の時間が必要だったりしました。最近はそれがありません!4月からでしょうか。昨日もすごく大切な講座をしましたが、でも、そんなことにならずに、大切なこともゲットし、さらにはこんな余裕も!

これはかなりの【オパ】の進化だと思います。

日々色々なことを発見し、混同する毎日のサポートをするにあたり気持ちよくそれができるために時間の短縮を強化し、そうして毎日することはキチンとしようね!というタイミングの合う家族とのやり方も調整しながら「生活」を忘れずにやっている今の進化。

この基本、または基準は、魂的発露の解体をするとか憂いを処理するとか、そういった過去と今の整理をすることは全く目的としていません。最終的には家族との関係の修復だったり、社会の一員としての立ち位置の確認をすることになります。これは自然にそういうことをやってみたい方が集まってくださってのこれまででした。そして、それは教育っぽい感じでやっていませんで、ただただしっかり脳や身体または意識や精神性についてなど1つ1つ丁寧に整理していく結果がそこに行き着く。そんな感じです。

家族として、社会の一員として、スムーズに生活しようね!がスローガンのようなものでしょうか(笑)

わたしが思うに、人が社会につながっていく時の姿勢はその人の環境からその人が選んでいると思います。でも、決して大きな声で何かを叫んでもそれは聞く人がいないと自分にダメージがある。だから、たった1人の人に自分が本当に思っていることを話すコツを知ると、それが自然に大きな波のように人をしっかり確認できる。確認する秘訣としては自分尊重をはじめとして相手への尊重、そしてその輪が広くあったらその広い輪を社会というなら社会の尊重があるといい。その時に自我や自己、そして自分らしいと思っている自分の尊厳に関わるプライドのようなもの、それは必要ないこととわかる。わかるから外すことが本当に簡単。ただ、”それいらないよね!”と誰かが言っても本人がそれを必要としている時は外すことは無理。だから、脳の整理。身体の整理。

今まさに、わたしがやっている【オパ】の進化した横軸の開発はすごく大変なこともあったけれど、そう、昨日7月7日の夜、完成したかと思います。わあ、とってもいいなあ。。。とみなさんに受け入れていただくことをとっても楽しみにします。

そして、それが9月からの「イベント講座」(目的別講座)としてたくさんの前にお目見えすることになります。

今日も福岡で「やる気講座」がありあすが、それも「イベント講座」もその一環です。これはこれからたくさんの方に知っていただくためにまずはプラクテイショナーさんたちへのプレゼンテーションも兼ねていたため、一般の方にはほとんど参加いただいていませんでした。これが終わる8月。新たに9月からはまだ【オパ】を知らない方にもご参加いただきたいなあと思っています。社会は新たな空気を感じている人が多い中、そんな風に生きると楽なんだな!と思うやり方をたくさんんの方が望んでいると思います。こんな風に先取り情報を聞くツールを持つわたしやわたしの回りの方々はいいとして、何も次の情報を得る手段がない方たちにとって今の空気の変化は非常に困難なものだと思います。だからこそ、そこに新鮮でかつ大事なこととして脳の使い方の提案をし、さらにはその脳自体の空気感が変わるようにしっかりした脳自体の力もつく、そんな講座はたくさんの方が待っているものと思います。

もう少しお待ちくださいね♡

こんなことを書きたくなるくらい、本当に今回の横軸のすごさを改めて感じる今朝の散歩の時間でした。

犬は、正直です。わたしがずっと観察していた自然を彼らは本当にすぐさま感じて毎朝早起きでしたが、今朝はやっと明るくなってからの起床でした。よかった!

では、みなさん、今後の【オパ】に注目ください♡きっと探していた知りたいことが目の前にやってきます。あまり深くない所がミソ。それでいてポイントがわかる。今日の「やる気講座」も、きっと気持ちの上で爽やかになるだけではなく、颯爽とした自分を持って帰っていただく1日になると思います。

では、今日も元気に健康で、かつ現実をどんどん動かすヒントの連続!を過ごしましょう。