ご参加いただきました皆様、
ありがとうございました。

アセスメントセミナー@福岡(健康編)を
開催いただきました吉本彩子さん、
ありがとうございました。

日々の生活の中で、
非常にたくさんの情報を
耳から目から口から皮膚から鼻から
感じている様々な情報は
必ず脳にそれを入れ込んでいます。

入れ込みたくない、入れ込みたい、
に関係なく、

しゃんとした自分を持っていても、
持っていなくても、

目・耳・鼻・口・皮膚
と言う器官は、
外界の情報を取り込むためにあり
それは脳を動かすための活動として
私たちの日々を養っています。

そこに対応する脳をどこにするのかが
1番の私たちの大きなポイントです。

それについての話をしました。

今回は健康編として
テーマが「病院での話は理解ができますか?」
と言う事でしたので、

様々な体調のこと、
自分の中の終わりのない旅のようにして
何をしても良くならないことがあったときに
それはどういうことに起因しているのか
などの話もしました。

考え方の1つとして
わたしたちの意識の聡明さは
知識の幅ではなく
自分を養う活力の豊かさであり、
その活力が感情を作り
身体症状を作り
整理した脳を作るという
オパの考えの元になった
活力の話もしました。

活力とは、エネルギーであり、
そのエネルギーは
星たちのまばたきにより作られ
そのまばたきは
わたしたちに風を送り
その風は空気として
五感から入っている。

また、その星のまばたきの範囲を
地球にしていると
月までにしていると
太陽までにしていると
ちょっと窮屈なら、

地球・月・太陽を含む太陽系
さまざまな星の集団、銀河系
そして銀河系よりもっと大きな宇宙に
自分の活力の元をしましょう🧡
として、

様々なことを理解し判断し、
そしてそれによる解決を促しました。

何が正しいとか正しくないとか
といった判断の基準がもしあるのであれば
それは自分の中の規律性規則性という
脳の中でいうと延髄や小脳や橋と松果体を
つないで自我や自己や自意識を
作っている部分の考え。

だから、今の自分を超えた
新しい感覚を知るために
銀河系を超えた世界観を活力の元としましょう🧡🧡🧡

だから、大脳新皮質を動かしましょう🌷🌷🌷
現実という世界感は大脳にある。
じゃあ、それをつなぎましょう🌷
2つを橋渡しをするのは松果体。

そして、「3つでセット運動」をしてもらうように
これまでのやり方に訂正をし、
新しい動きを作りました。

非常に良いセミナーになったと思います。
皆さんが楽しくまた幸せに感じていただく
これからを過ごしていかれることを
心から願っています。