さぼてんの花です。
昨日夜に送られてきた写真です。
わたしの住む
星の降る里リトリートハウスの近くの
おばあさんの家に咲いていたそうです。

美しい。

わたしには美しさに関する
定義のようなものがあります。

それは過去に見たことがないもので
世界を広げてくれるもの。

まるで元気が出るような話や物語。

海馬や虚しさを知る脳の部位に
楽しさやいいなあ💛と思わせる
真実を感じるものにも美しさを感じます。

みなさんはいかがですか?

それから疑いなく信じられることにも
美しさを感じ、

色々な海馬に関するたくさんの
情報の却下にも真実や幸せや喜びを
感じます。

それははかなさに対する憂いにも似た
探す自分からの脱却ができるからかも
しれません。

頑張るには遅い💪

でも、一つづつ解決はできる。

だからこそ生きる楽しさもある。

自己犠牲はない方がいい。

すると、海馬は静かになる。

そして、目の前にある事柄について
眺めよう。

きっとしたいことが見つかる。

見つけるのは自分だから、
見つけたいと思うことは美しいこと。

許すってこんなことかな🧡