本当のことを知るためのツール オパJOYカード

写真:オパJOYカード体験WSの講師になった 中山瑞枝さん、中澤水無子さん、樫本真由美さん、小澤敦美さん

オパJOYカード体験WS講師をしていただくための
説明練習会をしました。

この練習会は、非常にいい1日を
わたしにも参加者のみなさんにもくれました。

というのは、いつも思うことなのですが、
オパとスイッチを入れるからこそできることは
多々あるのですが、

しかし、やはり少しの感情が残っていた場合、
1時間のケアなどでは本当に静かな自分でいるとしても
長い時間を使う今回のような2時間のWSですと、
ついつい講師であってもどこかに
自分の感情が出ることがあります。

単純に、人は人に対応する時、
どうしても自分の感情が出てしまいがちです。

そこをどのように解決するかは
永遠の謎のようでした。

それが今日はかなり明確にわかりました💝

自分のポリシーとして、
大切なことは伝えたい💛
人をよりよくしたい❤️
など周りの人への配慮が大きいと
知らず知らずのうちに
そのポリシーが大きくなるような
脳の動かし方をすることになる。

すると、感受性が音を立て、
そこから次に感覚も動き出し、
さらには感性が先読みを始める。

最終的には相手の感情について
リーディングしてしまうことになり、
ヒーリング的な状況がでる。

それはまずいと思ったとしても、
それが外せない状況になってくる。

普段の生活の中でそのようなことをしていると
本当にこれが自分のやり方だわ!と思い、
他者への不満や不信感にも似たものに対して目を向けず、
人が感じていることにただただ集中していくようです。

そこで今日は大脳新皮質を大きく動かし、
それについてしっかりと目を向けるやり方について
お知らせし、そこが何をするところか、
または人との対話に対する共感や共振は
どれをどのように使うとそれをするのかなど、
しっかり話すことができました。

そういうことだったのか!と
わかっていただいたと思います。

そこから次に、では大脳新皮質をよりスムーズに
動かすやり方についてもわかっていただいたので、
結果、爽やかで心理性のない、軽い状況を
リーディングすることがとても軽やかに
できることを実感いただきました。

妄想の元は視神経と海馬が繋がっていて、
それを松果体につないで、さらにそこと違う脳を
くまなくつないで…ということについても伝えました。

それをすぐに理解いただく場面も多かったと
思います。

これからの時代に対応する
オパJOYカード。

ぜひ体験してみてください💛

お問い合わせは、こちらまで

* * * * * * * * * * * * * * *
オパ公式サイトは、こちら 👈
テレオパシーセミナー/オパ講座/ご相談などもあります!

LINE公式サイトオパコミュニテイは、こちら 👈
「今日のラッキーオパ」毎日のお役に立ちます!
お友達になってください!

オパ創始者藤松弓子サイトは、こちら  👈
 オパのこと、日々感じたことを書いています!
* * * * * * * *  * * * * * * *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です