この日の夕食の一品はこんな感じでした。いつものように他にも色々ありましたが、この紅白に緑が食卓を明るく彩ってくれていました。

わたしは2000年になる頃にある意志を持ち、今の仕事に就きましたが、この同じ頃に新しい門出を迎えた方も多いと思います。

体にはすべてのみなぎる力がありますが、その力はある時にはすっかりなくなったようにも見えることがあり、または本来の力を持つように感じることもあり、でもわたしたちの見えない力は必ずあるので、そこに意志を持つことはステキな自分を作り直すことか可能かと思います。

誰にも落ち込んだり不安に陥ることもありますが、それはインナーチャイルドの要素(幼い時の何かからの不安材料を今に持ち込んで暗い気持ちになること)もありますし、またはカルマと言った要素(常々わからないことは過去世のせいにして自分を評価しないこと)もあるかもしれません。

そこではなく、必ず力があることを認め、さらにはそこにある自意識に関する行動の気力を取り戻せることに目を向けることが、わたしたちにとっては毎日の生活をしっかり生きることになると思います。

たくさんの問題や不幸な出来事もあるにはあると思います。しかし、そこを動じないで生きるには自分の精神力を使うのではなくて、信じる誰かを持つのでもなくて、人を通して人間愛を感じながら生きる喜びを確認するのでもなくて、ただただ真摯に自分を受け入れていく作業こそが鍵だと思います。

わたしには力が備わっている。そこに気がついていくこと。そこにしか生きる意味はないと知ること。

そんなことがわかる時代になります。そして、それが自然なことになるには誰にもわからない自分の特技などを外に出してみること。それは素晴らしいことになると思います。

みなさんの様子はすっかり変わるかもしれません。

ただ楽しくしているだけですべてがスムーズに動いたり、または本質の状態を知ったり、新しい人生に入ったり。

そこをプッシュしたい時は、ぜひオパにいらしてください。体験はイベントなどに、自分が把握していないことを聞きたい時は施術にいらしてください。

では、残り少ない11月を楽しんで過ごしていきましょう。