この写真は、こちらに来ていただいたお客様と一緒に
娘が犬の散歩に行って撮った写真です。

わたしの住む場所はこんな風にすごく景色がいい場所です。

見える海は大海ではなく、
湾の中の内海なので、
人間の中にある不快なことを忘れてしまうような場所。

人の大きなうつろな思いはすっかりなくせるようで、
かつ自然のダイナミックな動きも知らないうちに
感じることもできます。

みなさんは、どんな場所に住んでいますか?

決して自分の環境の自慢をするのではありませんが、
でも、自分が住みたい所に住んでいることは
とっても体も脳も全体が和らぐ感じがします。

そうして、人間の価値の基準が変わるようにも思います。

わたしは10代のころから
福岡の近くで、何かあったら福岡に出るとよい、
そんな場所に住みたいと思っていました。

何故か?

スムーズな生活は人があまりいないこと!と決めていました。
人がいるとたくさんの思いが交錯するので、
それは嫌。だから、かつ自然を謳歌するような場所で、、、
たまに都会の空気を吸いたい時はすぐに都会に出れる場所。

と思っていた10代。

そこから20代のころには、それに+して、

とても親切な人がたくさんいて、
自然な草たちと仲良くして、
そうして気持ちが落ち着く生活がいいなあ、、、

そこから30代のころには、それに+して、

ちょっと山生活は夢だったかなあ、、、と
思ったりしました。

そして、40代のころには、

携帯電話も出てきているし、
そうだ!世の中は変わるんだ!きっと。
だから、電話やパソコンを使って仕事なんかできるかも!

と思うこともありました。

まさか、ここに来て1つの通信ツールみたいな
オパを開発しようとはゆめゆめ思うことはありませんでした。

でも、一旦そんな風に思うと
人の夢はかなうというか、
そういう方向に脳が動くのかなと
今は思います。

決めていくこと。意識と無意識の両者で。

いい人になろう♪とは一度の思ったことがなかったかというと、
ある日、子どもを前に怒鳴った瞬間に、
”子どもが壊れる~~~!!!”と思い、
とても普通とは思えない自分の感情に
愛想がつきるような思いをしました。
でも、その時は、こう思いました。

”これは何かの間違いで、
自分はこんな人じゃなかった!”と。

そして、その瞬間に、
”よし!学ぼう♪”と決めました。

同じ人間なのに、
でも、全然違うまだ人間とは言えない子どものことを。
そして、もっと言うと、人との関係について。
それからずっと知りたかった自分のことについて。

ん?そうでもないかな。
その時は、自分のことを知りたいというより、
人は環境によって変わる、、、ことについて
知りたいと思いました。

環境がもっと子育てに向いていたら
きっとこうしてオパの開発はしなかったと思います。

自分に向き合うこともなかったし、
そうして醜い自分を見る必要もなかった。

子育てしている人の中にはこんな思いをしている方も
いらっしゃると思います。

人は多面体だと言いますが、
多面体はいいのだけれども、
でも、だからといって環境に左右されて
醜い自分を確認するのではなく、
もっと自分をコントロールできるようになれないのかな?と
すごくストイックに色々考えることになったきっかけは
こんな感じでした。

そして、今、人の思いの中にあった不要な思いや
付着する交感神経の中にある情報の質の悪いものなど
そこに至って、体質って変えられることもわかり、
実際にそのようなことを仕事にするまでになりました。

それを自分が求めていたから。

それを自分の人生の糧にしようと思うわけではなかったけれども
でも、自分の人生の伴侶として自分を見つめる仕事をするのは
快適で、かつ自然で、かなり複雑な気持ちの効果のある、
まとまりのある自分になれるかな?と
そんなことを思って日々過ごしていた記憶があります。

ある日、セミの声を聞きながら台所に立って
子どもの帰りを待つその時、
”ただいま~~~!”と聞こえた
楽しかったよ~。遊んできたよ~。の
歓声を聞き、
こんなのをしあわせっていうのかなと
思ったことがありました。

こうした日々の生活の中にある
しあわせ。

そこを存分に味わいながら毎日を過ごしたいと
今も思っています。

この日、この時、この瞬間にも
毎日起こるたくさんの喜び。
そして、愛とは言えないかもしれない
笑顔とあふれる笑い声。

ここにいてしあわせと感じる場所。
わたしはこの場所が好きです。

そして、今はお客様をお迎えすることもできる環境です。
たくさんの方にいらしていただきたいです。

 

(昨日の夕食。↑ 釣れたものをいただきました! ↑ お客様に適した情報”パンみたいなお肉”を形にしたハンバーグ)

何故なら、わたしが楽しくこの場を作ったから。
そして、誰もが楽しいと感じるためにではなく、
わたしがこんな場所を創りたいと思って作ったから。

その思いは永遠に続く。。。
なんちゃって、、、ですが、でも、
本当に思いは果てしなく日々刻々としたことから
始まり、作られていくと思います。

人からみた”いい人”ではなく、
自分が自分で納得する人生を歩くには
疲労した観念や角度の問題は捨てて
サラッとしたことになったら
人生観も変わるし、人の大きなマインドコントロールをする
過去の問題もなくなるし、本物志向を目指さなくても
何をしても大丈夫♪という自分になるのが
いいのかなあ、、、なんて思います。

かつ色でいうと、やっぱり赤やオレンジやピンクの
華やかさに+して落ち着きのあるグリーン、そして
茶のダイナミックさ。それもあるといいなあと思います。

ちょっと贅沢な感じもします。
でも、贅沢は自分の心や身体の状態をよくする
見えない環境づくりとしての贅沢なら、
どんどんやってみるといいかな、と思います。

贅沢に生きる。
贅沢は素敵。
贅沢は様々なことを発見させ、
幽霊のような惑いをなくさせる。

だったら、心の贅沢は一杯するといいかな。
問題は自分次第。

自分で決めること。
自分が判断すること。

自分の状態が良いといいと思います。