写真:まずは準備段階として犬とのテレパシーの練習会

オパというポイントを示すアドバイスの
醍醐味は、必要とするそこにターゲットを
定めて伝えること。

ターゲットを定めて伝えるということは
大体のことを何となく伝えるのではなく、
シャープに的確なポイントを定めること。

常に曖昧な自分がいるとしても
オパ!とスイッチを入れた瞬間に
ダイナミックな変換をして
頭がいい状態になったような感じで、
サッと答えをくれる有難いやり方。

いつも明瞭で明確な判断を
視点の置き場の定位置を定めて行う。

これがいいなあと思います。

視点の置き場の定位置。

そこにある状況はハツラツとした自分。
そして、そこから焦点を定める基準が生まれ、
そうして人間のほとんどの人が持つ
自由という活力を引き出すやり方。

う~んと、大切なこと。
う~んと、知っておくと損のない方法。

わたしはここからビジネス関係の方に
このオパを使ってもらいたいと思っています。

この方法を使うと、色でいうと
赤がピンクにもオレンジにもなり、
そこから人と人の透視が要らないことになる。

透視は透視。

いくらしても、それは透けて見えることしか
わからない。

透けて見えるのは
案外チャチャっとわかることだけ。

例えば、誰と誰に伝えるといいかなど。

でも、本当は実際のこととしては
意識を作るのは無意識が整うことで
意識は作られるため、
無意識のことを想定して行うと
よりスムーズな事実が起こる。

だから、ビジネスという側面を持つ人たちにも
オパを伝えたい。

やり方は、これから構築する予定。

このことはすでに了解しているので、
実際はすぐに始めることができそうな予感🌸

たとえ火の中水の中!ということもなく、
ササっとやっちゃうことで人は集まってくると思う。

さあ、そんな時代かな。

今、考えているのは、
「テレパシー練習会」

何となく楽しそう。
そして、便利そう。
オパを使うのだけれど、
それをテレパシーと呼んだ瞬間、
必要最低限のことがわかればいいと思う人が
寄ってくるような感じがする。

オパだと、ちょっと難しいかもしれない。
なぜなら脳とエネルギーを整えて…という理解や
理解だけではない指針や姿勢や目的や判断に対する
効果ある角度を学んでいって最後にたどり着く
場所がある。

その場所に到達すると、
それは色んなことにオパは使える。

でも、簡単なビジネスに通用するオパでよければ、
それはテレパシーで充分。

さあ、やろう!

テレパシー練習会。

あ、そうだ!

9月からにしよう。
それまで興味がある方には
一つ一つ丁寧に説明をするテキストを
読んでもらおう。

テキスト第二編は、6月に発売開始予定。
テキスト第三編は、8月に発売開始予定。

だから、それをじっくり読んでもらって、
それから9月から「テレパシー練習会」を
やろうっと💛

決~めた🌸
わ~い!よかった💛
今日は、こんな風に
自分がしたいことを発信するといいみたい。

みなさんも、いかが?