日取りを気にする人がいますが、
わたしもその一人かな?

割と難しいことを占うことを定番としているわたしは
月もそうですし、太陽の暦もとても重要視しています。

その意味で、今日の満月はすごく楽しいことを
想定するにふさわしい日のようです。

わがままな自分。
それをやめたいなあ、、、と思うとしたら、
それは簡単にやめられます!

単純に「やめる」と決心するだけかな。

わたしの中の決心はやっぱり大脳がいいかな。
あれ?いやいや、大脳もだけど
エネルギーの方がより強力な定義が持てるから
エネルギーを持つ松果体で決心しようかな。

あれ?あれ?
わかんなくなっちゃったあ!

なんていう時は
すぐに思い出すといいのは
「センター 」

センターを思い出すと、
必死で何かを考えたり、
それをするぞ!と決めたりせずにいいので、
わたしはセンターを使って
決意をしよう!!!じゃないか!

なんて思うといい。

そうなると
今日の日はどんな決意がいいかな?

そうだなあ。。。。

割と平凡なことがいいかもしれない。

例えば、自分らしく生きていきたい!という代わりに、
思いこみをはずしたい!の方がより賢明な感じに
聞こえる。

だって、することがわからないとダメ!

具体性があることがいい。

やっぱり人は人を通して学ぶ。
わたしは昨日本当にたくさんの情報の質の変換をした。
大切なことは一人一人みんな誰もが持つ
癒しとか調整とか学びとか
色々な場面で感じる自分のことを知るという作業。

その作業の中で、
何が一番ポイントかというと、
単純に自分の中にある思いの元がどこから
来ているのかを知ることだと思います。

というのは、
星々のエネルギーがあるとしても、
どの星に影響を受けたかがわかるといい。

わたしは星座のことは全く素人だけれど、
しっかりしたマインドを募るような
星のエネルギーには過敏というほど信頼している。

単純に今わたしがここに生きていて、
その自分をどこに確認するか?

それは魂とかではなく、
自分が信頼している星というか
星座ではなく星のエネルギーかによって
采配を受ける自分の脳は変化すると思う。

バッタがバッタとして飛ぶことをよしとするように
人間も人間として生きようとする活力を持ち、
その活力の源は月だと思うのか、
太陽だと思うのかで、
しっかりした自分の想定ができたり、
できなかったり、いろいろなような気がしている。

わたしはずっとそこに着地点を求めてきた。
そうして着地する今、
どこに何を求めるというより、
自分がそのようなエネルギーについては
生まれた時に持っているという事実。

それを知るといいと思う。

それがわからないと、
人は迷い惑う。

だから、そこをしっかり知るといいだけだと思う。

周りの人に何を言われても
実際はこうだよ!と言うような自分がいる。

その自分は確固たる自分の信念を持っているように
見えるかもしれない。

でも、違う。

信念なんてものではなく、
ただの自分の源を知っていて、
それを曲げたくても曲げれない自分がいるだけ。

そう。

それを星占いから来た自分の様子に例えると
しっかり者をきどる自分。
なんてことになるかもしれない。

それでいい。

それがいい。

しっかりものを気取る自分。

その自分と約束をしていることに気が付いてみようと思う。

わたしの頭の中にある情報の質のいいもの。
それがそれだとしたら、
わたしはきっとどこにいてもわたしでありたい!という
単純にそれを思っているだけ。

ただ生きようとする活力は
自然に自分に備わっている。

だから、がむしゃらに何かを求めることもなく、
必死で何かから受け取ることをしなくても、
ただ生きることに”よし!”という
答えを自分が自分に与えることだけ。

その答えは、自分らしさというより、
自分の答えだから、
ただそこに自分が安全と安心と安定を
求めることなく、”うん!そうするね!”と
いうだけでいい。

なんと簡単!
なんとおもしろい!
なんと覚悟のないこと!

そう。そこに真実があると思う。

2019年9月14日 満月の日に思うこと。