今から数年前、わたしは自分のことに対して
いらない気持ちがあるような気がすると思い、
俯瞰する自分を築いた。

そして、そこからのわたしの存在は
もしかして人との距離をおいていたかもしれない。

なぜなら、自分を確認し、自分をほめ、
自分に対する容量を大きくすることに
精を出したいと思ったからだと思う。

しばらく経ってから
わたしは本気でそこに自分を置くことにした。

結果、しんどいこともなく
うれしい気持ちだけの日々を過ごそうとした。

それはとても素敵なことになった。

普通は色でいうと赤や青や黄色もある中、
わたしは過ごす自分の色は透明だと決めた。

透明になった日、わたしは動いているものを
見ることもできるし、
または動いているものに対する許可をした。

その時のわたしは表情は明るく、
背伸びをしていたかもしれない。

でも、その背伸びの一端は
常に自分を正したいというそれだったかもしれない。

正す。

これがキーワードだったかな。

それが今、少しづつ自分の直感を磨いていく最中に思うのは
正す基準は何だろう?ということ。

その正しさは一体誰に向けているのか?
何を求めているのか?

そこがわからない。

だからこそ、今すこ~し自分のことについて
話すことにした。

毎日の生活の中にあって、
人は、マインドという
他者から入ってきた、
または
どこかで見たフレーズなどで
自分を確立していく。

そのマインドは今はいらないと思う。
というのは、マインドは自分じゃないから。

マインドを自分だとしたら
どこに素晴らしい自分を見つけるかがわからない。
だから、マインドはいらない。

そう思うことにした。

すると、マインドを放棄した自分は
一体何を求めているかというと、

ただただしあわせを感じること。

脳と身体とエネルギーをまとめて
「体」としたとき、

単純に単純に見えないものがどうとか関係なく、
叱咤激励もする自分もいず、
ただただ心身ともに健康で、
かつ、いらない感情もなく
平和的な判断ができ
重い十字架のようなものもなく
普通に生きること。

それがいいと思うようになった。

だから、いまこうして生きているんだな!と思う。

まずは今日はここまで。