普段は静かな星の降る里は、
最近は毎日賑やかです。

普段は問題を抱えた方の施術をすることが
主だったこれまで。

最近は、もうそろそろ自分で何かを
始めたいと思う方の
アセスメントをすることが多い。

今日は、遠方からのお客様。
遠方なので時間が限られています。

でも、本当は自分が自分でいたいと思う時
人は誰でもちゃんとした自分の時間を
作る決心をしてこうして遠くまで
やってきていただいていると思います。

わたしも幼い子どもがいたころ、
本当にそんな場所が欲しかった♡

長い間の自由を求めたわたしらしい感覚は
人との関係において今できているなあと
思っています。

ますますこれからはアセスメントという、
わたしらしい性質が編み出した施術法の1つは
かなりいい状況になると思います。

未来の自分から今の自分への伝言。

これって本当に素敵なことをどんどん聞くことができて
いいなあと思います。

わたしはわたし。
人は人。
大きな輪は社会との共有する自分。

まるで時間が止まるかのような今日の3時間。

わたしはわたしのために過ごした
ケア法の一環であるアセスメントを祝福したい気持ちに
なるような気がする。

だって、今日は9月3日。

ここまでやってきたことが
すっかり目に見える形で
社会に表現の方法の1つですよ~!と
アセスメントという手法を外に出す日だから。

では、また。