あ、講座写真を撮るのを忘れちゃった!ということで、講座については後でお伝えするとして講座から得たことを参考に今朝感じたことを少し。

美しいものを見た時に恐怖はないと思う。でも、恐怖というものが骨にあったら、知らないうちに恐怖を感じる何かをそこに見つけて、ふと、”あれ、なんだ?”と思うかもしれない。

その意味でいうと、恐怖はいつも自分を卑下することも簡単だし、恐怖にかられて何か想像することも簡単。それをすると妄想のようになる。妄想はどこにあるのかというと多分額の後ろくらいの松果体の設定によって生まれているかもしれない。

バカバカしい♡、、、なんて思う気持ちがあるとしたら、それも恐怖の1つの感覚かもしれない。

だから、恐怖というものについて知るのは止めたいと思うことがいい。しかし、骨の情報としたらそれはやめられない。そうなると恐怖を骨の情報の1つとして原因を見つけ、そこにアクセスし、そこからしっかり恐怖的要素となったものに着目していくしかない。

それって、どうなの?

何だかめちゃくちゃ難しいかもしれない。だったら、恐怖というものについて知る前に自律神経の調子をよくしておこう。

そんな朝です。

みなさんも今日の1日自律神経の動きをよくすることに専念しよう!と思って今日をお過ごしください。

えっ?どうやるのか、って?

大切な自分を大切にすること。そして見えない存在に対する警戒心を持たず、何かを感じたらその瞬間に「キャンセル!」と言うこと。それだけ。そうすると計算式のような先祖の思いや不可抗力なものが外れる。

えっ?こんな簡単???

そうです♡簡単です。体と脳とエネルギーを使うと答えは簡単に出ます!

こういうことを自分のこととして知りたい方は、是非Basicコースから始めてみませんか?

そうそう、本題です!昨日は男組講座でした。仕事しか頭にないような40歳代と20歳代の4人の講座でした。”人とのコミュニケーションも社会の需要を知ることもすべては自分のからくりを知ることからですよ!自分にアクションを起こすと意識だけではない自分の未知の世界が広がっていってそこには新しい感覚があるからそれをゲットしましょう♡”的な話を少しづつゆっくりしました。

表向きは、整体編、コミュニケーション編、リーディング編となっている【オパ】のそれは本当におもしろくって、実際整体を上手にできるようになろう!とか、コミュニケーションツールをゲットしようとか、そんなことではなく、自分のこれからを知って社会に未知の自分をまだまだ提供したい人がその答えを見つける講座です。

普通はそれをしようとしてもそのやり方がわからない。あるとしたら、抽象的に本を読むとか、したいことをすることによる学びとして体験学習をするなどしかない。でも、それには時間もかかるし人の様子を把握してそこから自分の答えを導く必要がある。

そこもいいんだけれども、そこじゃなくて、自分の活力、まだ知らなけど本当は持っている活力を挙げて脳の使い方を新しくする方法があることを知るといい。

それを理屈じゃなく、

整体してみて身体の状態がいいって心も脳も軽くなるでしょう?とか、コミュニケーションやってみて人に対して自分の感情を入れこまないって人間関係が楽でしょう?とか、リーディングをやってみてふと自分としての力量ってまだまだある!とわかった時に未来が広がるでしょう?とか、まずは実践できるように導きながらそんなことを腑に落としてもらう。

それを知ったときの喜び。それを体感いただく講座です。

結果、かなり脳を動かすことになります。男組は10分の休み時間の前には ”ゴッツアンです!”風な声をあげ、そして1人の若い学生以外はみんな床に横たわる。5分くらい熟睡する。そして復活!そして続く。。。という講座でした。

ん~、これからが楽しみです!