真実を求める人の多くは、とても欲が深いように思います。欲の深さは、素直な自分の人生へのサポートをする何かを求めているということだとも理解しています。

でも、人ってこんな風に元々持っている本質的な動きがあるのに、何故?

わたしの疑問は尽きません。

欲の深い人と接すると、この人は自分を尊重していないんだな、と思います。とても悲しいことだと感じます。そこから人間不信にもなることもあります。

でも、そこは人を尊重することによって変わります。

人は誰でも何かの事情でかつて自分を信じたいのに信じられないことが勃発した可能性もあるし、そうでなく人との距離感による迷子の感覚を覚えたかもしれません。

でも、人は誰でもみんなしあわせになる「しあわせの鐘」は持っています。鳴らすか鳴らさないかはその人次第。

わたしは「しあわせの鐘」の鳴らし方は、自分の気持ち1つだと思います。自分の中にある本当の自分の存在を知ること。知ってそこにアクションを起こしたいと思うこと。それって、人との関係でも有効なことになると思います。

人は新しいこんなやり方を求めていると思います。誰かがそれを伝えていくといいとも思います。その誰かは、誰でもなれます。誰でもなれるので、人はそれぞれの自分の環境において人との関係も社会との関係もすごく変な気持ちになってもそこにとどまらないで、しっかり自分の本質的な部分に覇気を与えることをしていきながら、自分の本質的な部分との対話をするのが普通な時代になればいいなあと思います。

気持ちの上で、人はとってもいいものだなあと思います。それと同時に人との距離は素敵はスッキリしていたいなあと思います。それが完全な自分を知るためのコツ。人と同化せず、人に憧れを持たず、ただただ自分との関係を素敵なものにすること。

これがすべての基本姿勢だと思います。

こうして自分の存在をとても素敵に思うことができたら、それがすべてにつながるしあわせの道かなと思います。

今日の写真は、Newly アートと命名してこれからしっかり仕事として始めるかを検討中の娘と大好きなミズちゃんです。ミズは誰からも愛されない環境にいたのをこちらで引き取って丁寧に色々教えて今はかなり人間になつく犬に成長しました。早起きはちょっとヤバイですが!今日も4時前。。。でした。この表情で”起きてよ!”とほえまくる。あ~あ、これはちょっと。。。

でも、そのせいで朝はたっぷりの時間がもてます。それがわたしの栄養源になっているようです。朝が落ち着いていると1日ゆったり気分になるなあと思って、ミズと仲良くしています。

わたしの一番のしあわせは、それぞれがそれぞれの心配もあると思いますが、でも、そこを自分で何とか切り抜けるコツを知ってみようと思う姿を見ること。それがあればすべてはいい状態で進んでいくかな。