毎日、雨が降り続きます。
こちらも今日も雨です。
風も強いです。

みなさんの地域では色々な災害が起こっている方も
いらっしゃると思います。
心からお見舞い申し上げます。

さて、今日は脳のことについての話です。

脳は色々な症状があると思います。
その症状とは、考えるとか、曖昧に答えるとか
まるで自信のないような話ぶりをするとか、です。

真ん中には松果体という小さな小さな脳があります。
その脳には特殊技術があります。
この特殊技術とは、人との境界線をはかったり、
自分の今の気持ちを発信するのかしないのかをはかったり、
または空気を読んで特に重い空気の時には
自然が自分を空気清浄機のような働きをしたり、
心からしたいことでもないのに、したいふりをするとか、
技というより心因性の状況の解決をしていると思います。

この心因性の状況の解決とは
不安を持ったり、または不信感の多い時に起こります。

解決の内容としては
他者に存在をアピールする代わりに
自分がこうした方がみんなが安定するのかも!と
考えている時があるとしたら、その時に不安が訪れますので、
その不安の解決としては他者の様子をみて
その様子の対象者がいたら、その人へのサポートをします。

こうしたやり方は特に中脳という部位がやっています。

中脳は単独でそれをするには及ばないので、
いつも松果体と連動してそれを行います。

松果体としては、中脳に助けを求められたら
ハ〜イ♪と、手を差し伸べる機能があります。

この機能は、どちらかというと親切心の塊のように見えて、
全然違うことを考えての機能です。

ついつい人は優越感というものに優れた自分を感じます。

優れた自分。その意味は、他者への依存のない
自立した自分を意味することもあるし、
または自分がなんでもわかっているという証拠を持ちたい
時もあるかもしれません。

というのは、毎日の生活をほぼ安定して暮らしたいのは
誰でもです。

その安定した暮らしぶり。

そこに安堵した自分や安心した自分が見えてきます。
すると、どうでしょう?

何とか自分で色々なことをやって、できる!を感じてみて、
それを自分の自信にしないと、誰かに頼っていたら
なかなか思うように行かないため、どうしても
頑張って自分の能力以上のことをすることに
なってしまうことがあると思います。

そうなると、人は信じられない能力を発揮していきます。

でも、その能力とは何でしょう?

もしかしたら、自我かもしれません。
「自己中」という言葉がありますが、
その自己かもしれません。

そうなったら、後はヘトヘトに疲れ、
あ〜あ、もう嫌だ〜!とウンチクを言いながら
人のせいにしたり、自分をコケ落としたり、
色々なせいにして、自分がやったことについて
魔法をかけるかのように”しなければよかった!”
の連続性のある言葉をかけてしまうと思います。

そんなことはしないようにしたいですね。

そう。

きっと、気持ちの上でサクッとした自分を作るためには
脳にも意識を向けてみるといいかもしれません。

とは言っても、脳に意識を向けるやり方がわかりませんね?

そうです。それはもちろんわかっています。
でも、1つ言えることは、知ってみたい!と思うことです。

知るということで、人は成長します。
知ることによって、人は大事な自分を大事に思えます。

知るという作業をすることによって
人は自分を高めることもできますが、
それよりも自分の本当の気持ちや
嫌いと思うこと、好きと思うことも
同時に感じることができます。

わたしは今まで実体のない感情を持つ自分に対して
心お‘きなくそれに対応する場面も体験しました。

つまり、何かしら考えることが好きだったわたしは、
今日は何をしようかな?と思ったら、
すぐに思いつくことをしましょう!と思って、
ササッと動くのが上手でした。

でも、そこじゃなくて、
もっと単純で簡単なやり方があるのではないかと思い、
そこから脳について身体について意識について
自分なりの学びをしました。

そして、学んだ結果、ある1つの答えに
到達しました。

諸々な人はある程度、考えることもできるし、
考えるという幾つかの思考回路を持つ自分もいるかもしれません。

それはそれとして、もう1つのやり方として、
脳の中心にある松果体に参加してもらって
しかも参加する松果体が動かすのは「意識体」で、
「意識体」は意識と無意識の統合をしていて、
それの「意識体」は信号として脳に伝わっていくと
大脳が動き、あまりまだその働きが知られていない大脳新皮質も動き、
そこから1つの答えを導き出します。

自分が今することをサラサラと知ってみる、
それを「考える」という言葉にするといいなあと
思います。

マイナスをプラスにするとか、
引いては、困惑を正しい判断にするとか、
そういうことではなくて、

ただただ自分の考えを整理整頓するためのやり方。

そのやり方による考えは自分の考えの1つになる。

これがわたしにとっては
すごく!すごく!良いと実感しています。

ですので、きっとみなさんにもお役に立つのではないかと
このやり方を提案します。

わたしの実感はみなさんにも伝わっていくと思います。

何故なら、わたしが感じたことと同時に
わたしは脳の配線の回路を作っていますので、
その 両者を1つずつお伝えすることによって
大切な確認していただくことができると思っています。

「今日から未来への道」を一通り作っていくこともできる脳の使い方。

必要とする自分の問題をなくすこともできれば、
または松果体を中心にした部分に特に状況を確認させ、
そしてそれへの答えによって自分を助けることができるその回路。

重要なこれからの時代に合った脳の使い方がここにあります。

それをわたしは提案します。

今日から始まる2023年12月23日までの道のり。
非常に強い「意識体」という部位が動き始めました。

たくさんの人がこの「意識体」を動かしていくことによって
1つの信号を作っていくそのやり方。

そしてその信号は脳に対する刺激となり、
その刺激によって脳の動く場所が違うとしましょう。

脳への刺激は上手に行いたいものです。

松果体という部位が中心であり、
そしてその松果体は必ず「意識体」を中心にしていくとした場合、
先に伝えた不安や不信感が起こるはずもなく、
するとそこから神経を使ってヘトヘトになる必要もなく、
ただただ強い判断能力及び処理能力が上がってきます。

これこそ今私たちが求めているものだと思います。
処理能力のスピーディーな動き。

これを求めている方に
わたしがこれからやろうとしているセミナーにご参加いただきたいです。

これからお知らせしていきます。
どうぞ楽しみにお待ちください。

今日の写真について。
「自分との対話」第二編
〜はじめの一歩〜

まずテキストからいかがですか?
ご購入は、https://enjoyopa.shop-pro.jp/

また、毎日の「ラッキーオパ」として
一言メッセージを
みなさんにお届けしています。
よかったら登録してお読みください。
LINEオパコミュニティ
https://lin.ee/tPAXtyz