自分の問いに答えるオパ

 

今日も雨模様の唐津です。

晴れ間も出て、ちょっとホッとした昨日の1日でしたが、
今は大雨警報がまた出ています。これからまた豪雨との予報です。

みなさんの地域はいかがですか?

さて、今日は現実に使うオパの話です。

先日Macに行きました。パソコンが壊れちゃったからです。Macに触れるのは25年ぶり位です。相変わらず素敵だなぁと思いながらショップを見ました。

初めてMacを使い始めた時、キーボードを叩く速度の方が早くて画面に文字が出てくるのを待つような状態でした。

わたしはその昔タイピストをしていましたので、タイピングの速度はとても早かったわけです。

それが、どんどんと機械がバージョンアップしてそのうちにインターネットなるものが会社に紹介されました。

その当時のわたしは、宿泊業をやりたいと思っていたので、その関係でホテルに勤務していました。ホテルではゲストリレーションズという「お客様とホテルの間に立つ役」をしていました。それは今の仕事に最適だった事は確かです。

ゲストリレーションズは、ホテル内の動きがどうなっているのかを知っておく必要があるため、料飲・フロント・マーケティング・お部屋関係など様々なところに行って学びをさせてもらいました。

そこでインターネットが始まる時も、そんなもん何に使うんだろう!?と思いながら会社への説明会に参加しました。

図書館みたいだなぁと思いました。図書館に行きたい人には役に立つだろうなぁと思いました。

その時のわたしは図書館にはあまり縁がなかったので、調べ物がない人にはインターネットは無用だとその瞬間は思いました。

そこからインターネットが採用されましたが、使う事はほとんどありませんでした。わたしは目の前のお客様へのサービスに忙しかったからです。

そうこうしているうちに、わたしは自分の子どもの関係で仕事ができなくなり、ホテル勤務の前段階で人とのコミュニケーション法の1つとしてカウンセリングを学んでいましたので、そちらに仕事を変えました。

それが今のオパにつながっています。

今ではインターネットは欠かせないものです。普通にというかいつも使っています。

ただ、今はオパを使うと、自分の問いにはインターネットを使うよりも正確に答えてくれるので、一般的なことについてはインターネットを使っています。

インターネットを使っていろんな調べ物をしたい人、特に自分の問いがある人にはオパは最適です。

自分の疑問や自分の問いに関する答えは自分にあります。もし自分の生き方について調べたいなら、インターネットで調べたとしても答えはないので、オパがいいです。

オパで自分が知りたい自分のことがわかるとしたら本当にラッキーというか時間短縮にもなります!また、その答えに対して答えを知りたい自分はOK🧡と即座に反応します。そして行動できます。

インターネットがここまで普及した訳は自分の能力を超えたところに答えがあるのであればそれはもらっちゃおうと言うことで普及したと思います。

それがこんな形で、自分から自分に答えを聞ける時代になりました。すごいことだと思います。

より良い形で自分の答えがほしい人は是非オパにいらしてください。

LINEオパコミュニティ
https://lin.ee/tPAXtyz

よかったら登録ください。
お手元にお知らせが直接届きます。
毎日「ラッキーオパ」も読めますよ🌺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です