プラクティショナー講座が終わりました。必要なことをお伝えするだけの時間ではありますが、淡々と時間が進んでいく中で眠っていたエネルギーを活動させ、はみ出したエネルギーを却下し、または大きな古い感情はそれを卑下することなくさらっと閉ざすなど、様々なことをしたこの数日。

終わってみると非常にさっぱりとした明るい【オパ】の使い手になられました。

人は面白いなあ、、、と日々感じますが、獰猛な感覚はすでに終わったとしても、まだまだ終わりのない自分の旅。

そこに焦点をあてる必要はないけれど、でも、もし身体が、心が、感覚が、または脳疲労を感じるなら、その時は自分でケアができる。

わたしは、人に頼るのが嫌だったから自分のことは自分でやりたかったから【オパ】を作って、自分と家族を守り続けてきたその証が今のたくさんの方が【オパ】を使っていただくことになりました。

そこには嬉しさもありますが、でもそこではなくて、ただらただ人としての悩みを持たないでいられる環境がステキなコミュニケーションを作るなら、それは楽しい。

わたしは自然なこと形で人と関わるのが好き。楽しい気持ちやしっかりした未来を語り合う人と集いたい。

今、その入り口かな。

楽しかった、8人で集った3日間。みなさん、またいつかお会いしましょう。そして、これからもたくさん【オパ】を使ったやり方を習得したい方をお待ちしています。

華やかさはないけれど、毎日が日々未来に向いている今を歩いている【オパ】、の仲間が増えていくのを本当にただただ自然な気持ちで眺めています。そんな年齢になりました。