あ、ビックリしたぁ~

人って限りない努力を
好んでいるような気がします。

それというのも、
事実関係を知って、
それに対応することは無理だと思っても、
でも、やってみよう♪と
それに取り組む。

それっていうのは
とても難しいことを自分が覚悟をして
やってみようとする姿勢に似ている。

普通は、是非にも知ってみたいことって
自分が知りたい!と思うことが先だから、
そのヒントは必ず自分にある。

だって、自分が知りたいことは
自分が知っているのを引き出したい!と
いうことにつながっているから。

でも、自分が知りたいと思っていないことも
知っているはずだから、、、と
自分から答えを引き出そうとすると、
努力がいる。

そんな努力いるのかなあ?

気持ちはあるけれど、
自分の才覚との差があるような場合、
それは無理をしないこと。

それはとても重要だと思います。

昨日、おもしろいことがありました。
それもいくつも重なりました。
ん~、わかりやすく言うと、
「不確かなことを確かにするコツ」
のようなものがわかった体験が複数でした。

その1つですが、
数日前から現実的にわたしがやる必要があることが
目の前にやってきていました。

やれそうだと感じました。

なんせ、「必要は発明の母」と思っているわたし。

考えました。ネットで調べたりもしました。
でも、わかりませんでした。

結果、おそろしいことになりました。
複雑な思いの穴に入ってしまいそうな気配!
これはヤバイ!と
誰かに聞いてみようと思いました。

そして、聞きました!

わかりました!

適材適所という言葉があるように
人を選んで何かを聞くのは大事だなことと思いました。

20分くらいで返事をもらいました。

自分に聞くことを教えているわたしですので、
自分に聞くことは、とても大切なことと知っていますが、
その範囲というか自分のわかることと
わからないことを分ける作業。
それもとても大切かと思います。

そして、わからない時は
人に聞くのも大切なことと思いました。

ここの宿泊棟を作った時の部屋の調度品を
揃えるときも、普段買い物をしないわたしは
どこに何が売ってあるのかよく知らない。

その時、現【オパ】(意識と無意識を統合した自分)
に聞くと、「○○さんに電話して聞いてみたらいいよ。」
と教えてくれ、早速電話。

すると「あ、それね、○○に行ってみたら?」と
教えてくれ、次の日にそこに行って
1時間ほどですべてを揃えた経験があります。

ふわふわ妄想は終わっている今の時代の動き。
妄想の代わりにするのは
自分がわかる範囲なら自分で聞くこと。
自分でわからないなら代理をしてくれる人に頼むこと。

代理をしてくれる人は、

相手に答えをあげたいと思っている人。
代理をする本人が知っていることを
ただ喋る人じゃなくて。

もし、わたしが聞かなかったら、
困難を感じる難度性が高くなっていたと思います。

難題になる前に人に聞く。
それがいいですね。

 

もうそんな時代は始まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です