知っていることは 話そうよ♪

こんな風にしたらいいよ♪と
知っていることを話すといいなと
思います。

なかなかそれってできない時もあるかもしれませんね。

でも、知っていることは話していきたいと
思います。

それはそれは大変だっとこと!じゃなくて、
そこでゲットした大切なことを
楽しい気持ちで話せるようになったら。

特にすごいことを話す必要はない。

単に、こう思ったとか、
それってどうなんだろう?とか、

そんなことで充分だと思う。

話したことで苦言を受けることになったら、
その時には人の話を聞けるし、
それは貴重なこと。

自分が考えていることを
人に話す機会がなかなかないと、
人の気持ちや考えを聞くチャンスがないかな。

とした場合、
なかなか人のことがわかりづらくなる。

そうすると、
気持ちの負担を持った人に会った時や
過去のことを話す時の相手の気持ちに
添うことができない気がします。

長い間の時間とともに
相当な苦しさを持ったとしても
それは消失するものだと思います。

もし、あなたが誰かに対して
悲しみや不快感の大きいものを感じた時に
警戒心を持っていたとしても、
自分のことを話し、人の話を聞いていると、
わからないのにわかったふりをして
人の気持ちを察することがなくなっていく
ように思います。

人の気持ちを察することは素敵なことだと
思いますか?

わたしはスッキリわかったほうがいいなあと
思います。

わからないでいると
知らないうちに、

もしも、、、
だって、、、
でも、、、

と思ったり、言葉がでます。

だから、わたしは人を信じて
まず話してみることだと思います。

決して疑うことなく、
信じていく。

それが人と交流するポイントだと思います。

そう、そしてそれが裏切られたとき、
どうしますか?

わたしは、それはそのまま受け止めていきたいです。

人間の行動や言動は、
常に同じ考えや角度とは限りません。

だから、受け止めるしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です