90歳のおばあさんと50年ぶりのしあわせ

ある日、突然に来たもの。
それはふとした時のしあわせ感。

あ~あ、今日はとてもいい日だなあと思うことはあっても、
それが長~く続いていく感触はなかなか難しい。

でも、この5月はその感触とは違って、いい感触💛

必要なことがサラッとわかっていき、
そこにある情報の質を上げている自分に出会う。

これぞ、まさにいい感じの日々。

わたしはわたしの中にある必要とする脳の整理が終わり、
サラッとしたエネルギーについてもわかる時が来た!と
思うこともなく、サラサラとしたリーディングができることを
感じる5月。

さっとわかり、さっと答える。

この醍醐味は素晴らしい。

やっとこの時が来たという気持ち。

あ~あ、そういえば、先日の90歳のおばあさんは
今日もまたやってくる。

そして、きっとおばあさんの話の中に多くのヒントを得て、
わたしはそこからまたこれから続いていく
しあわせについて確認するだろう。

おばあさんは言う。
「わたしはずっとしあわせだった。
 そして、これからもしあわせだと思う。」と。

きっとこんな感触を得て今日は帰っていただくと思う。

昨日の4月30日、ふと
「あ~あ、このしあわせは50年くらいぶり~」と思った。
テーブルにつくとご飯が出てくるしあわせ。
18歳までそうだった。いつもそれが当たり前だった。
だから、お母さんと一緒にお嫁に行こうと決めていた。
ずっとそうやってもらいたかったから。
若かったな、と思う反面、本当に真剣にそう思っていた。
現実は違った。

そして、月日は過ぎていき、
今は娘にやってもらっている。
あ~、しあわせ~この上ない!

90歳のおばあさんと50年ぶりのしあわせ” に対して2件のコメントがあります。

  1. megumi sakamoto より:

    いつか私にも
    ご飯が用意されている!っていう
    幸せがやってくるのか?
    やってきてほしい。本気でそう思います
    幸せ感がハンパない。とってもシアワセなんですねー
    素敵だな✨

    1. 弓子藤松 より:

      megumi sakamotoさん、
      そうなんです!
      しあわせ感、半端ない
      これまでの道のり、ご想像にお任せします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です