アセスメントセミナー5月「時間の使い方」2回目

今日は、アセスメントセミナーの日。
特に何も必要としないこれまでの自分がいるとして
マインド的発想もなく、ただしあわせにしていると
したら、そのことはとっても素敵なのですが、
ただ、このような時代において
何が必要で何を求めていくのがいいかというと
それは自分らしさです。

この自分らしさとは、
ある一定のルールがあるわけではなく、
楽しいとか嬉しいとか、
何かあるとちょっと感情が動いていって
さざ波のようなものが起こって

楽しくなったね!
嬉しい気がしちゃうね!

など、普通とは違う感覚を得ることも1つ。

もう1つの自分らしさがある。

それは、自分という憑依されていない
本当の自分というか本質とうか、
わたしという存在にある常識のないさま。

それを自分らしさの根拠にするのもいい。

なぜなら、ちょっとした楽しさとか嬉しさとかは
ある設定が必要。

例えば、運動会。
例えば、音楽会。
例えば、スキーに行く。
例えば、自動車を買った!

などなどイベントがあるといい。

でも、イベントってそんなに頻繁にはない。

だから、今を生きることこそ
自分らしさを表現し続けていくといい。

わたしはそう思う。

だから、そこを上手にみなさんに伝えたい。

それによる事実としては
時間についてお話しするのは
この5月は最適だと思う。

5月。誰もがこの木の芽の芽吹きを
嬉しく思い、またその瞬間瞬間の
緑の輝きに感動する。

もし、小さな子どもでも
大きな問題を抱えている大人でも、

しっかりとこの現実に目をやると、
知らないうちに自分を取り戻す。

このやり方は、
毎日行うといい。

そうなると
人は誰かの感情を自分にまとう必要もなく、
ただただ一心同体として
自分の身体と脳を動かすことができ、
さらには活性化した自分の活力が出る。

あ~あ、こんな風にするといいのね!という
まさかの時間の使い方について
今日はお話しできるといいな♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です