鳥がご挨拶に来たよ💛

この写真は、10月3日の朝食の時にやってきた鳥の写真です。

今日は、10月4日ですね!

9月の終わりから10月にかけて
たくさんのことがありました!

2組の方がこちらに泊まられていて
昨日は、アウトの日でした。

そんな日に、鳥が朝ごはんの時にテラスにやってきて、

「ご挨拶に来たよ🦅」

と言いました。

ずっとこちらを見ていたので、

「写真、撮らせてね📽」

にも、なんとも言えないOKのサイン🆗

いやあ、朝から嬉しい1日の始まりでした。

とても小さいことにこだわる自分をなくした1日だった
ように思います。

というのも、10月1日の中秋の名月、
10月2日の満月を経て、素敵な1日を
感じるような時になりました。

わたしは朝日もすごい力で上がってくるのを見ました。
写真には撮りませんでしたが。

それは、小さいことにこだわりをなくすに
ふさわしい日だったようです。

それから、
素敵な日々の延長線上にある
「わかってほしいけど、わかってあげられない」ということも
日常にたくさんあるそこの整理もしました。

わたしたちは大脳と大脳をサポートする大脳新皮質という
脳を中心に生きていこうとすると
今の時は特にとっても気持ちの良い日々が過ごせます。

それを知っていると、
しあわせという鐘を鳴らすために必要とする
長い間の辛い気持ちの開放。
それが起こります。

その大脳と大脳新皮質を使った料理や
必死で生きるために
必要な中心にある情報の開放として
リーディングをしたりするのも1つの方法と思います。

もちろん整体もいいですよね。それにプラスして
たくさんの情報を解決するためにいろんなやり方を
駆使した所で、マイナスとは違うプラスの話を
しつこくするのではなく、やればできる!といった
観念の開放について話すのでもなく、
ただただ感情の開放をすることに徹したことが
功を奏することになるケアの一環も
今回は体験しました。

相当の辛い気持ちや複雑な思いの払拭。
それに対応するわたしの中の観念も開放し、
丁寧にご自分の価値を確認していただくことが
何よりも素敵なことなので、
そこを強めに行うようなこともしました。

ある程度のこととは違って、
澄んだ気持ちがあるけれど、
そこに何か不安があるとか、その姿勢を求めるような
他者依存的発想。

そこも一緒になくしました。

そこから見えて来たこと。

それはなにもしなくてもいいこともあるし、
こうして第三者に施術を受けた方がいいこともある。

そんなことを感じた10月の初めでした!

さあ、今日からテレオパシーセミナーの3日間。
サラサラとしたマインドのステップアップ。
今日も、そして明日も、明後日も
どんどんエスカレーターに乗ったように
サッと次のステップに駆け上っていきましょう💛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です