ボク、ただ毎日生きてる💛

写真:14歳のシーズ「元(気)ちゃん」

今日も1日終わった〜と眠りについた元気君。
ある日、この子はここにやってきた。

あのね、僕言いたいことがあるんだ!といった
不安のようなものを抱えていたのかもしれない。

その時、この子はまだ生まれたばかりの赤ん坊。

そこから小さいながらも
よく努力してくれた。

ほかの犬たちと人間の関わりの通訳もしてくれ、
それからずっと犬同士の仲も取り持ってくれた。
(3匹いたころ)

そうして、ずっとそこに対する報酬を求めることもなく
ただここに生きることをOKとした振る舞い。

そろそろ病気も出てきて、
少しの閉鎖的な思いもあり、
眠って過ごすことを選択する方がいいような時もある。

でも、しっかりと自分の役割は今もやっている。

それを指針というのか、
人生の使命というのか、
または、気持ちというのか、
それはわからない。

多分、元気君にはそんな気持ちはないと思う。
生年月日も忘れてしまったので、
生まれた時の彼のエネルギーなのかもしれないけれど、
それを聞いてみることはできずに
今になっている。

あ、そうだ!これもいい。これもいい。と
努めて楽しそうにしている彼は
自分へのサポートをしているようで
そうではない。

いつも自然な動きをしているだけ。

そんな元気君に学ぶこと。

わたしも自然にすることをしていればいい。
そこには何の思いもない。
そうして彼が今、こうしてただ眠ることで
休息をとるように、わたしもよく寝てみようと思う。

それが彼を真似ることになるかもしれない。
その彼の真似はとてもいい。
何でかというと、
彼は自然にすることの天才だから。

天才は動物に従うことから生まれる。
天才は自分を大切にすることから生まれる。
天才は人との関係について色々と感じないこと。
わたしは今何をするといいのかな?と思うだけでいい。

それ、わたしの知っていることの中では
一番生きていきやすいような気がする。

場を整えようとか、
場に合ったことをしようとか、
場をこだわりのあるものにせず、
ただただ身を委ねる。

それがいい。

今、そういう気持ちになる時代。
本当の気持ちにある自分の本質。
それを学ぶというより、それを知るといい。

本質はどこにある?

あ、松果体💛

* * * * * * * * * * * *
テキスト「自分との対話」
第一編  自分を愛するしくみ
第二編  はじめの一歩
絶賛発売中🌻
↓ ↓ ↓
ご購入は、こちら
* * * * * * * * * * * *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です