すべてに新しい風が吹く

写真:星の降る里からの夕陽

騒がしい気持ちの中にある情報過多。
それをどのようにスルーするのかは
とても大きな問題だった。

それがいとも簡単にできる方法があると知った。

それはオパというツールを使うことは条件だけれど、
海馬というものについてよく知って、
さらには大脳の近くにある大脳新皮質という部位にも
興味を持つこと。

そして、それらがとても重要な働きをしていると
わかること。

それがあれば、ずっとしたいことについて
あれこれと考えて、そして思う三昧を繰り返してみて
たどり着いた先は、「やめておこう。。。」という
ひとりよがりの思考になることはなくなる。

やっとそこに行き着いたことで
人は喜びを発見する。

そして、新しい自分を構築し始める。

やっと!やっと!やっと!

それは秘密にも似た迷いや惑いの世界からの
脱却を意味する。

毎度ありがとうございます!というような
人と人との交流において社会を見ながら
自分を否定するような、まるで自虐にも似た
排出してしまう方がいいものをずっと持っていて、
さらには効果ある情報についてわからないふりをする。

そんな時にバイバイ👋

古い殻は脱げた。
そして、認める自分を持った。
再度人間としての自分を表現しよう。

そういったことが霰(あられ)のように
感じる1日。

保安官のような自分を裁くようなことは終わり。

妄想の世界も終わり。

やっとしたいことをする時になると知る。

わあ〜っと大声を挙げて
「みんな、おはよう〜💝」と
言いたいくらいの気持ちになる1日。

わからないことに注目せずに
わかることのみに着目する1日。

やっと!やっと!やっと!

ということを思った朝でした。

ということは人の思いの中は不思議に変わって
いるということなのかもしれません。

そして、変わる思いは何をしてそうなるかなど
わかる術もないけれど、でも、ちゃんとした
ルールがあるということ。

それはとても素敵なルール。

人には人間電池にも似た
「オパ電池」ならぬ大いなる素晴らしい
ものがある。

それはそれは辛いこと、悲しいことを捨て、
新しいことに挑戦するかのような自分になる、
古い殻を捨て、新しい気持ちになるそこを
しっかりとエネルギーチャージしてくれるもの。

わあ〜、いいなあ。。。と思うなら
ぜひ次の機会もある
テレオパシーセミナーに参加ください。
次回は基礎編最終回。

きっと楽しいことは間違いありません。

みんな誰でも人としての役割について
あれこれと話すことをしてきました。

でも、本当に必要とする役割は
心というもの、人間というシステム、
摩耗した神経、のことなどについて
脳を含めエネルギーという自然からもらう
最大の活力を知ることから始めるといいと
思います。

妄想もいいですし、網羅する電話連絡もいいでしょう。
でも、そこじゃない部分ってありますよね?

やっぱり元気と健康がいい。

そこに尽きます。

そして、それはどこにあるかというと、
マイナーなものとしての自分じゃなくて、
ハッとするような時間かもしれませんが、
緑の地球にいるわたしたちの原理原則としての
エネルギーは、やっぱり星々にあるという事実。

そこをちょうどいいようなことで
話をします。

どうぞよかったら時間を作って
参加なさってください。

* * * * * * * * * * * *
テキスト「自分との対話」
第一編  自分を愛するしくみ
第二編  はじめの一歩
絶賛発売中🌻
↓ ↓ ↓
ご購入は、こちら
* * * * * * * * * * * *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です