わたしにとっての自由🧡

心という言葉。
愛という言葉。
信頼という言葉。

色々な言葉がある中で、
特に問題はないけれど、
人によってその理解は違うなあと思う言葉たち。

そして自由もそう。

その自由についてです。

まさに今を楽しみたいと思っている最中に
そうそう!わたし今、何がしたかったんだっけ?
と、ふと思ってしまうことってあると、
そこから次が進まない(^◇^;)

少々のことに際して、
あまりに強い原因と結果を感じ取ると
あらゆることを想定してしまうため、

もっと簡単に考えるといいのに、
何かしら大人としての大切なことを確認してみたり、
それは周りの人への気遣いだったりするかもしれませんが、
そこにある一定の量のたくさんの情報を確認して、
確認した後に楽しいことにスムーズに移行しないで、
そこで止まっちゃう(*´ω`*)

そんな体験は割とよくあると思います。

これはわたしが体験したことです。

周りの人との共生を感じ、
そこに意識を持った時のわたしは、
知らないうちに誰と誰に何をして…といった
まるで見ていないようなふりをして
側の人への配慮をするのがとても得意でした。

そう。

それは環境設定なのです。

環境設定というと、聞こえはいいのですが、
まず自分が決めて、そこからそれを脳にインプットして、
インプットした情報に従う自分を作っている形が
それです!

となると、わたしはそこに対する疲労というか、
まとわりついた過去の「こう生きなきゃ!」と
言われ続けた仲間からの言葉が響いているのが
今になり、それは嫌だなあと思いました。

となると、そういうことを経て、
わたしはとても自由を求めました。

自由があれば何もいらない!とまで思うほどになった時、
しんどいことはわかっていたのですが、
奮発して自分の内外不一致をぜ〜んぶ取り去って、
ある一種特別な思考をすることを試みました。

それが松果体を非常によく使うことでした。

西暦2000年を過ぎて、
10年くらいそうしていました。

非常にスムーズな日々。
そして、快活な思い。
負担のない自由。

そういったものを手に入れました。

あ!こうすればいいんだ!という思い。
そして、その実行による様々な機械的ではない
発想の豊かな自分が作られていく様子に
毎日がワクワクでした。

その時はとてもいいと思いました。
でも、それを数年続けていった後に
ちょっと疲れたかも…と思い、
不安というものとは全く別な感覚、
それを惑いというのであれば、
きっとそれに近いような感覚を感じるように
なりました。

あれっ?どうしちゃったんだろう?
と思う間もなく、次にはもっと疲労度のない
やり方はないのかな?と思い、
そこから大脳新皮質という部位に着地するまでの間、
相当の時間をかけて、あることないこと(?!)
すべてを…、大脳新皮質の状況から見た
現実的な判断をしていたように思います。

とても壮大な自分の元にある宇宙的な大きさ。
そこには閉鎖もなく、真実もなく、
あるのは、ただ自由がありました。

そういうことも体験したわたしは、
今は、松果体も大脳新皮質も両者を使いながら、
実は、大脳にすべてを確認するのがいいと思っています。

えっ?それってどうするの?

これはとても重要なことでして、
あらゆることの学びには
特別な時間と余裕と、それからある種特別な
感性や感覚も必要ですよね。

そういうある種特別な感性や感覚を超えた
マインドというものがあるなら、
そのマインドは日々の生活の中で
作られていて、それは一人一人違うもの
だと思います。

そういう学びの中に必要なことを自分で感じ、
それを叱咤激励をせずに、

あ〜あ、そうよね•*¨*•.¸¸♬

と言う気持ちになった時、
人は学びの卒業かもしれません。

1つ1つを学んでいき、
そこにYESを感じたら、
学びは終わり。

そういうことにもなるかもしれない
これからの時代の生き方。

どうすればそうなるの?という疑問は
自分の中にある大脳と相談していきながら、
大脳がわからないことについては
大脳新皮質に聞く。それでもわからないことは
松果体に聞く。

そうしていくと、人は人として自分をジャッジせず、
周りの人への気遣いもするのは確かなのに、
なぜか何をしてもいいと思えるようになると思います。

わたしは自由きままに生きているかのように
思う時があります。

それは時として
人との距離を感じ、人からの援助を断り、
まあいいっかあ…と確認もしながら、
日々を過ごしている模様を
自然体のように感じながら、
それに楽しさを感じていました。

そこにはある種特別な意志はなく、
ただ楽しい未来と今の統合した時に
自分を置いていたいと思ったからです。

そこにはある時の疲労はなく、
楽しさもなく、大切なこともなく、
ただ自分という大きな発露となる
自分自身との対話を続けていただけでした。

こうしたことについて
学ぶという言葉も当てはまらないと思います。
でも、学ぶということは真似るという言葉から
派生した言葉と聞いたことがあります。

わたしは真似るのであれば、
自分の創造性あふれる自分自身を真似ること
から始めようと思いました。

そうして、真似る=学ぶ になった今、
そうしよう!という自分の思いは、
いつの間にか自分自身の中にあった答えを
大脳に落として、大脳は大脳新皮質と松果体と
相談しているなあと感じています。

割と信頼性のあるこのやり方は、
本当に静かに自分を認める、
本当に自分を知る、
迷いのない声として受け取る、
それができます。

わたしはこのやり方がとても気に入っていて、
それが大切な自分のこれからについて
何かを教えてくれるというか、
確認作業として見えていない未来にも
通用するマインドがあるなら、
ぜひそれは使用してみたいと思います。

使用するのは、自分の脳にあるものなので、
誰に遠慮もいりません。

遠慮をする意味がありません。
もっと!もっと!たくさんの情報量のある
自分の脳を信じて歩いていく、
そんなこれからに生きる力をもらう🧡

それがわたしの自由だなあ•*¨*•.¸¸♬

そんなことを今朝は思いました。

じゃあ、今日も1日頑張って(?!)楽しく
過ごしたいと思います。

* * * * * * * *  * * * * * * *
これからの時代に合った脳の使い方を知りたい方へ!
👉テレオパシーセミナー

🆕疲れた問題を脳や身体に残しているそれをなくしたい方へ!
👉藤松弓子個人音声セミナー

🆕現実的な処理の仕方について興味がある方へ!
👉リーディンがーは世界を変える
(月1回1時間のZOOMセミナー)

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(未来へのアドバイス)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

楽しく自分を変えるオパJOYカード
👉オパJOYカード

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイ
お友達になってください!

🆕音声に乗せたブログ
👉standFM 「元気になるオパラジオ」
(今は休止中💧そのうちにまた🌈)

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 yumiko fujimatsu サイト
* * * * * * * *  * * * * * * *


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です