コミュニケーションの方法はオパ💛ご一緒に学んでください。楽しいですよ〜💝

写真:1月10日 テレオパシーセミナー コミュニケーションスキル 中級編第4回「人からの情報は危険がいっぱい?または楽しさでいっぱい?」

こんにちわ!藤松弓子です。
毎日寒いですね。
今日もおやすみの方が多いと思いますが、
いかがお過ごしになりますか?

さて、今日はオパを使ってみるとどうなるか?について
少しわたしの体験を交えてお話ししてみたいです。

みなさんは、それぞれに自分のコミュニケーションスキルを
お持ちだと思います。

それは日々の生活の中で培ったものと
そうでないものもあるかもしれません。

わたしの場合ですが、
疲労することなく自然体で自分を表現することは
とても楽しいので、そこにフォーカスしていきたいと
思っていました。

そうなると、一体どうやってコミュニケーション
するといいのかな?ということに行きつきました。

すっかり自分を表現でき、さらには相手の人に対する
理解もしながら、お互いが「いいね👍」と思うことに
ついて話すことができ、双方がとても元気になっていく
コミュニケーションのやり方を知りたいと思いました。

その方法はいろいろあると思うのですが、
それは家庭での環境、それから体験として
たくさんの人と関わったことによって感じたことが
自分のコミュニケーションの原点になっていると
思います。

わたしは小さいころにとても繊細でかつ
気を使うことを練習せざるを得ない環境
でした。

それはとてもいいことのようで、
でも、ちょっと自分を疲労させることもあり、
じゃあ、どうしたらいいのかな?と思ったのは
自分が子どもを産んでからでした。

あれっ?通じないぞ!
あれっ?わからないぞ!
あれっ?どうやって意思の疎通をするのかな?

などなどたっくさん色々と感じました。

結果、わかった!と思ったのは
もう子どもがちょっと大きくなってからでした。

もっと早く知っておきたかったな。
もっとスムーズなコミュニケーションができたらよかったのに!

などなどサラサラ間違ってはいるわけではない
かもしれない自分の体験値から生まれたやり方で
行った結果論に対して少し後悔するようなことも
あったかもしれません。

しかし、それは終わったこと。
あ!そうだ。これからだ!!!

と気持ちを持ち直して対応することに
楽しさと嬉しさを感じた日々でした。

そして、今。

何かあるとすぐに「オパ」とスイッチを入れます。
これはすごく単純で考えずにできることなので、
かなり時間短縮で、スムーズな日々です。

こういうことがあると知っていたら、
わたしはもっと日々の生活にゆとりがあったよね!
と思うこともありますが、でも、それは今だから
思うこと。

その時、その時に充足した日々を過ごしていた
わけなので、今を見て過去について考えても
何もならないと思っています。

だから、今はとても楽しく「オパ」のスイッチを
度々、小さいことにも使って、まさに天国と
地獄のような世界の行き来はしなくなりました。

天国と地獄とは、楽しいことがあって、
よかった〜💛と思ったとしても、
次にはアクシデントが起こって感情が爆発するような
ことの繰り返しはさっぱりなくなってきました。

まあ、子どもが成長し大人になったことも
理由の1つです。しかし、それ以上に
わたしのコミュニケーションスキル の成長の
おかげだと思っています。

さて、みなさんの中には
もっと上手なやり方はないかな?と思っている方も
いらっしゃると思います。


コミュニケーションって、
家族だけでなく、仕事にも使えるし、
または人間関係すべてにおいてコミュニケーションが
関わっています。

だから、1つこれ!というのを持っていると
すごくいいですよね🌺

わたしはそういうことを通して
今は素晴らしい気持ちになったというより、
1つのコミュニケーションスキル の成果を
日々感じることがあります。

例えば、誰かに対して「コイツ!」と思うような
ことがあったとしましょう。

それは大事なものを捨てられてしまった!とか、
もうそこまでできている家族のための予定表とか、
またはすんでの所で厄介なことが片付きそうなこととか、
それを無視するような態度、または理解してもらえない
環境を感じた時に、「コイツ!」というような
気持ちが湧いてきます。

みなさんは、そんな気持ちを持つことはありませんか?

特にわたしは短気ですため、
人との交流の時に、特に家族に対して、
そういうことを感じることは多い方でした。

しかし、それを経て今、
わたしはそういう時も「オパ」のスイッチを入れます。
そうすることによって、人は人とのコミュニケーション
というより、その前にまずは自分の我と平和な自分との
コミュニケーションが先かもしれません。

自分の我と平和な自分とのコミュニケーションは、
とても信頼する自分を得ていきます。

そうっかあ。。。わたしちょっとガリガリしちゃっていたな!
や、もっとふんだんな時間があるから相談という形でも
よいよね!など、様々なことを感じさせてくれます。

だから、わたしは人とのコミュニケーションの前には
必ず自分の中の整理をして、そして人に話します。

きっと、誰でもそうだと思います。

その時、閉鎖した感情が自分にあるとか、
または本当にそうなの?という社会に対する
抵抗などがあるとした場合、
いくら自分の整理をしようとしても
それはなかなか難しい。

だからこそ、まずは自分の整理かな?と響きました。
そして、自分の整理の道具として「オパ」を作りました。

が、しかし、今は時間とともに「オパ」が
すごく発達しています。

もしも、誰かに何かを言いたい場合、
すぐに「オパ」と言いさえしたら、
海馬という過去のことをあれこれ言う部位も
おとなしくなってくれて、サラッとした言葉が
ちょうどいいように相手に響く。

それは小気味いいくらいに
ちょうどよく相手に響きます。

これは絶対的に自分が整理され、
ただちに相手の人の感覚を知らないうちに掴んで
さらには〝こうしよう!〟ということがわかって、
すぐにそれが言葉になる感じです。

非常に優れものの「オパ」に発展してきています。

こうして毎日の生活の中で使えるスキルがあるとしたら、
それは日々の生活の潤いがでてきて、
いいなあ💝と思います。

だから、これをみなさんに伝えたい。

できれば、「オパ」が使えるようになるオパ講座を
受けていただきたいのですが、でも、その前に
オパって何なのよ!?という不思議な気持ちになるとしたら、
その時は、先にテレオパシーセミナーにてオパの醍醐味をちょっとだけ
知ってみてください。

わたしが話すのですが、割とうまく話せるようになっていると
思います。

元々わたしは口下手で、かつ心臓もドキドキするタイプでした。

それが今はなく、ただただ知っていただきたいことを
順序よく話すコツもわかってきています。

だから、よく理解できないと言われていた
これまでのオパの説明ですが、
少しは理解いただき、そこから若干のうまく
使えるような設定もするため、セミナーに参加いただくと
非常に聡明な自分のひらめきを感じていただくと思います。

このひらめきをさらに言語化したい方は、
ぜひオパ講座にご参加ください。

オパ講座は、たくさんあります。
選んでいただけます。

子どもとの接点を見つけるためのコース。

自分を知ってみたい方のコース。

全体をよりよく整えて人とのコミュニケーションを
スムーズにした方のコース。


折角ここまで学んだので人へのアドバイスもしてみようかな🌺
と思う方のコース。


さらにはここで自分の体験をシェアしてみようかな、と
思う方のコース。←現在テレオパシーセミナーの夜の部にて
特別講座講師としてお話ししていただいています。
今日もあります!「ひらめき☆計画 〜子どもとの過ごし方〜」
夜8時〜8時45分

まさにたくさんのコースがあります。

もし、今の自分がわからないということであれば、
それは全体的にしっかりすべてを学んでいただければ
人へのアドバイスの代わりに自分へのアドバイスも
できるようになり、そこから自分の考えややってきたことを
人にシェアし、さらにはそこから自分のコミュニティまで
発展させていくこともできます。

さあ!一緒に学んでみませんか?
わたしはすごくよかったので、
ぜひみなさんに伝えたい💝

その気持ちが強くて、
毎日こうしてどなたかの目に留まっていくと
嬉しいなと思ってブログを書いています。

もし、気になってしまうことがあったら、
ぜひセラピストさんにでもいいし、
わたしにでもいいので、
コンタクトください。

ご一緒しませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です