ひらめき☆計画〜子どもとの過ごし方〜

写真;1月10日/11日にテレオパシーセミナーの中のイベント講師を務めていただいた特別講座中の宗俊美由紀さん。

今日は、新月だそうですね。
新月って、何か願いが叶うと聞いていますが、
もし、何か願いが叶うとしたら、
あなたはどんな願いを叶えたいですか?

という質問をしながら、
わたしはどうだろう?と考えてみました。

わたしの願いは、
日常でのサクッと動く指針のような、
何かをやりたい!という強い気持ちがすぐに湧くこと。

それかな。

わたしの場合は、変な気持ちとか
風合いの悪い状態があることに対して、
ある程度、それを見繕いながら、
まあまあこれでいいかな🌺を通って、
割と前々から完璧主義のような所があったので、
結構、自意識や自我のようなものについて
あれこれと閉鎖感というものがそれにつながっている!!!
などを探して、それを手放すことをしてきました。

そして、それを1つのケア法として使えるようにする
システム作りが大好きなので、それに邁進してきました。

ですので、今、何かすごくしたいことがあるかというと、
それはシステムを作っている時はすごく楽しいし、
それが「生きがい〜💝」と思うのですが、
でも、実際に生活の上で、何かをしたいとか、
どこに行きたいとか、どうしたらすべてにとって
スムーズな時間配分ができるかなどについて
あまり考えないというか、そこに意識は行きません。

それ以上に何かはすべて決まっていて
それをただやるだけだから…という考えが
強く、すっかり日々の生活には強い気持ちというのは
なくなってきています。

でも、それがわたしは好きかな。

いつも思うのは、ぜひこうした!という気持ちの重要性。

わたしの場合は、システム作りが好きというより、
わかったことはノートに書いておこう!というより
脳にインプットしよう!というタイプなので、
脳のどこにどのようにしたらインプットは簡単なのか!
などに興味を持ち、それで日々を暮らしてきました。

割と自由にそういうことを考える環境があったというか、
そうでないとすれば劇的な変化について考えるのが
好きで、それが高じて一生懸命すぎて周りが見えない💧
というか、そんなことでずっとシステムを作ってきたように
思います。

それはそれでとても楽しいことで、
かつ自然な動きにはすべてに理由があるということを
実感もし、実体感もし、さらっと日々について
特に何かを考える必要もないくらいに
脳のシステムを動かすことに特化していました。

そこで、今回は宗俊美由紀さんの
ひらめき☆計画ということで、
わたしの場合は、とても新鮮でした。

どちらかというと計画についてオパのシステムを
使うというより、オパのシステムによる聞き取りが
自然に計画として日々を動かすという理解だったからです。

まずはこのことについて考える要素はあるのですが、
それはまたにして、とても楽しい特別講座でした。

わたしはすごく理解もできましたし、
はあ。。。こうやってオパを実生活に使うんだ!と
改めて小さいお子さんがいらっしゃる家には
ためになる話だなあと思いました。

結果、たくさんの方にこのようなことを
お知らせしたいと思います。

わたしもかつては子どもとのコミュニケーションから
始めたオパなので、かなり興味があります。

1つ1つ丁寧に聞き取っていく様は、
非常に素晴らしいと思います。

それが面倒というより、あっ!という間にできることが
素敵だなあと、改めてオパのありがたさを感じました。

小さいお子さんがいらっしゃるお家の方には
ぜひお届けしたいテーマでのお話でした。

動画も配信できますので、
今からでも間に合います。
お申し込みなさってください。

お申し込みはこちらです。
↑ ↑ ↑
こちらをクリックください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です