「セラピスト講座」がみなさんのお近くで受けられるようになります!

写真;星の降る里入り口

星の降る里での「セラピスト講座」(2021年)についてお知らせです。

【夏至】
6月17日(木)〜19日(土)
6月20日(日)〜22日(火)
6月27日(日)〜29日(火)

【秋分の日】
9月18日(土)〜20日(月)
9月23日(祝•木)〜25日(土)
10月1日(木)〜3日(土)

【冬至】
未定

これからの時代を想定して、星の降る里でのセラピスト講座は少すづつ数を減らしていくことにしました。

通常は年4回(春分の日•夏至•秋分の日•冬至)ですが、今年からセラピスト育成者をPractitioneのみなさんにバトンタッチしていくことにしましたため、ただいま訓練の場として今年は星の降る里での「セラピスト講座」は数が増えています。

今後セラピスト育成を各地で行えるようになりましたら、講座名も現「セラピスト講座」から新しく「オパセラピスト講座」名称も変わり、みなさんに使いやすいオパとそのやり方についてのわかりやすい講座を、受講なさりたい方の必要なタイミングで開催することも可能になっていきます。

こうして手軽に、自分のケア、家族のケア、社会へのケアの1つとして第三者へのケアをすることができたら、どんなにいいかと思います。

そして、オパセラピストになったら、一度は必ず星の降る里を訪れていただきたいです。

オパ創始者藤松弓子は地球に降り注いでいる星のエネルギーを人は一体どこでキャッチするのかと調べていき、星と身体の相関関係を知るための人体実験を自らの身体で行いました。

その場所が星の降る里です。

ですので、星の降る里にはオパに必要とするエネルギーは溢れています。みなさんがこちらに来ていただくとオパのケア者として過ごすための毎日のケアに即したエネルギーを身にしみて体感することができます。

また、この場の基礎を作った人は医者で宗教家で芸術をこよなく愛する人でした。現在の講座やセミナーをする場所はそのまま受け継いでいます。それを受けてオパ創始者藤松弓子は強い意志でオパを開発しました。

ですので、みなさんが星の降る里に足を入れると、この場の磁場が持つ星のエネルギーと身体の関係に目をやる「元気と健康」のケア者としてのスイッチが入ります。

それは日帰りでは無理ですが、1泊でもいらしていただくとエネルギーチャージができます。

上記、星の降る里でのセラピスト講座日程は、今の時点で考えている日程です。これからオパを学んでみたい方で引き続き星の降る里でのセラピスト講座までを考えている方は一度ご相談ください。こちらで開催することも可能な時もあるかもしれません。

改めてご挨拶申します。

オパ創始者藤松弓子講師による星の降る里での「セラピスト講座」は3月で終了いたしました。

上記日程講座は、藤松弓子から、これからセラピスト講座講師になる方への引き継ぎを兼ねて、藤松弓子もみなさんと一緒に同席して、講座の状況を把握し必要な手助けをしていきながら講座は進めて参る講座です。滅多に聞くことができないことも聞くことができる成長の場ともなると思います。

オパの本拠地星の降る里にてセラピストになりたい方は上記日程のどこかにご参加いただければ幸いです。
人数配分などもありますため、お申込みの前に下記にご連絡くださいませ。joyopa.jp@gmail.com(藤松弓子まで)

心からお待ち申しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です