眉が作る脳への信号。特別講座「眉は社会のトビラ❣️」

写真;テレオパシーセミナーコミュニケーションスキル 上級編第7回特別講座「眉は社会のトビラ❣️ヒラメキ眉で美脳になろう」講師の雨ケ谷真美さん•大藪泉さん

こんにちわ!
星の降る里で開催されているテレオパシーセミナーの
コミュニケーションスキル は、終わりに近づいてきました。

基礎編、中級編、上級編、と
たくさんのコミュニケーションスキル について
お話してきました。

基礎編;テレオパシー能力って誰にもあるの?
中級編;テレオパシー能力の開発
上級編;人とコミュニケーションをとるには

という順番で、たくさんのコミュニケーションの
必要な場面においてどのようにすると
楽しく、また相手もしあわせになれ、
さらには社会的な総合性のある判断を持って、
人と対話できるかについて知っていただきました。

これはわたしが確認してきたことを
さらに細部に至るまでお伝えすることで
みなさんがこれまでオパを知っていただいているとしたら、
再確認のようなことになったかもしれません。

今回の脳のハツラツさを感じ、
さらには大きく癒しを求めていた理由、
さらには求めた結果何を今得ているかの
状況などもご自身で感じていただきました。

これは自由で、かつ信じることもなく、
楽しいプロセスの1つとして、
愛を通してコミュニケーションをするのと、
愛をしあわせに変えてみてのコミュニケーション、
またはしあわせを本当に価値あるものと変換させた
時のコミュニケーション。

などなど様々なことに挑戦してきました。

挑戦というのは、
まるで自分の中にあった古い価値観からの脱却。
そこにある情報の刷新劇を挑戦と呼びました。

まるで時間が止まったように、
まるで時間を超えて何かをするかのように、
まったりしたことをせず、
自分で時間を調整することができる方法など、
様々なことに対する鎧のような古い価値観を
剥ぐ作業でした。

このようなことをするにあたって、
何をするとできるかというと、
人の脳はある1つの信号を得ていくことで
動いていくという事実。

その発見の賜物です。

これはわたしがコミュニケーションを
しっかりしたいと思った時に感じた
相手にどうやったら伝わるの?と思った
それを、どんどん考えて、知って、
そして、ず〜っとしたいことをするには
感情だけではダメで、じゃあどうしたらいいの?と
始まった身体の調整でした。

身体を調整しているうちに、
身体が発することが理解できるようになり、
そうしていくうちに身体と脳のつながりも
わかるようになり、そうしたら脳の一部には
何か疲労している部位があると感じ、

あ!そうなんだ!と自然に動いていると
思っていた脳は、実は何かからの信号があるようだ!
と気がついた時には本当に驚きとしあわせと、
学びの成果としてそこに行き着くということに
様々なことをやってきてよかったなあと思う
場面でした。

そこから次々と角度を変え、
鎧みたいな自分の古い価値観を脱いでいった時、
晴れやかになる日もあれば、
そうでない日もある。

あれ?これは何だろう?と思って
またまた調べるということを続けていった結果、
今度は感情というものには波動や鼓動や振動という
何か法則みたいなものがあるとわかりました。

つまり、信号と思っていたものは
単に1つのことしかわからないわけではなく、
多種多様な方向性や角度があることに気がつき、
そこからはその方向性や角度のことに
ついつい考えが及んで、
辛い、悲しいという物語の終了は
何をどうすればできるのか?などにも及ぶ
心身のことに興味を持ちました。

そうして、今、それらをすべて含んで
テレオパシーセミナーというわたしが
実際にやってきたことでわかっていることを
みなさんにお裾分けのようにして
お伝えしています。

それは事実としてOKと感じる方もいらっしゃるし、
そうではなく、自分の学びとして内容を聞いて
おられる方もいて、人の多くはそれぞれ
学びには目的があるので、ご自身が求めることを
得ていただくといいなあと思っています。

マイナスはことは申すことはないように
しています。

しかし、もしわたしにはそれが合っていても、
合わない方もいらっしゃるかもしれません。

で、そこはもちろん当然ですが、
甘い話しだけではなく辛い話しもするので
合う、合わない、はもちろんあって、
それを受け入れるかどうかの選択は
自由だということで、話はさせていただいて
います。

そこから次にわたしの中にあった
古い情報の質の良し悪しの問題があるとしても
それはその問題に目をやる人には
わたしの言葉が入るでしょうし、
そうでない方には言葉が入らない。

それは人の行動には基本的な範疇というか、
自分で決めたことがあり、それがあると
疲労したことについての話に興味がある、
ないということが、自分の世界を作っているため、
どうしても他者の話には耳を貸さない部分も
あると思います。

そこはそれでもちろんOK。

そうして自分なりの理解、自分なりの判断、
自分なりの視点や焦点の合わせ方によって
話しを聞いていただくことが最善で最高な
ことだと思います。

そうして、次に進む前の段階になりました。

今回は次の「仕事に使うテレオパシー」の
架け橋のような仕事にオパを使っていらっしゃる
お二人の話しをお聞きしました。

このお二人は、オパセラピストであり、
オパイベント講師であり、それから次のこととしては
随分長い間の積もり積もった仲間同士の
ミーティングなどにオパを使っておられる
事例のご紹介をいただきました。

まさに今、人の大きな変換の時。

こうして仕事にオパを取り入れていただいている
姿は、とてもいいと思います。

そうこうしているうちに
人と人との関係にハンバーグの時の
パン粉のようなつなぎが必要になる時代が来ます。

つなぎは何にするかは人によって違います。

妄想をつなぎにすると、夢を語る人が多くなる。
ある意味、タレントさんを話題にする若い世代の人は
つなぎは「夢」かもしれません。

ママ友の会話のつなぎは「子ども」または
「子育て」。

わたしのようにコミュニケーションに興味が
ある人たちのつなぎは「信号」になる時がきます。

「信号」はどういったものにするのがいいか
まだわかっていないと思っている方が多いと
思います。

でも、信号は自分が感じていく段階で、
とても長い間に培った思いを信号にしていることも
あるので、一度信号の見直しは必要です。

一度でも二度でもいいので、
信号の見直し、ぜひしていただけたらいいなあと
思います。

わたしは信号の見直しは、
毎日の波動や鼓動や振動を確認して、
それをどのように自分に生かすかを考えています。

それはこのオパの「今日のラッキーオパ」にも
毎日その日のことを書いています。
書きながら、そんな日なのだな!と思って
1日のスタートをします。

信号というと何かを連想する方もおられると思います。
まあ、言ってみると電池のようなものです。

電池は、どうやって作るのか。

そんなことを知ってみたい方は、
ぜひテレオパシーセミナーに
ご参加ください。

今日も行っています。
また、来週も日•月•火と3日行っています。
詳しくご覧いただけるのであれば、
ここをクリックなさってください。

では、今回もありがとうございます。
今日も楽しみです。

* * * * * * * *  * * * * * * *
脳と、脳に与える信号💡へのスイッチを知る
👉テレオパシーセミナー

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(施術やカード占い)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
週1回10分自分自身に戻る時間「オパ会」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイ
お友達になってください!

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 yumiko fujimatsu サイト
* * * * * * * *  * * * * * * *


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です