幽霊はいないよ/仕事の展開力開発/情報処理能力を上げる

写真:藤松弓子が開発したオパシステムの全体像として描いた図

はじめに:今日は長〜く書いちゃいました💧

人と人との光合成について。

わたしは人と人との光合成について
ずっと考えてきたように思います。

そのつもりはなく、
ただ日々の生活について考え、
そして、ずっとしたいことをしてきました。

ですが、その時の着地点はいつも人との関係でした。

それは、いつも頭にあったのは、
快適な毎日の暮らし。

それさえあればいい🌈と思っていました。

でも、それはなぜそんなことを思っていたのか?
というのはよくわかりません。

実際に快適な生活は手に入る現状。
朝起きてテレビをつけて、ニュースを見て、
そこから次に朝ごはんの準備をして、
今日のことを聞き取りして、
あれっ?と思ったことについては
その時その時に情報の処理をしていくやり方。

へ〜っ?という気持ちはなく、
強い意志と、意識や無意識の統合した部分にある
生命の持って行き方。

それをとても重要視していたかもしれません。

そして、そこにあった不得意なこと。
それが人との摩擦を感じる心だったかもしれません。

そういうことを経て、
心ってなんだろう?
言葉ってなんだろう?
生命を育むという言葉はあるけど、
それはどうやってやるの?

などたくさんの疑問を持ち、
その疑問を解くことがすべてであるかのようにして
毎日を過ごしたような気がします。

その時、「あ💡わかった🌈知るってのは
本当に大切なことなんだ💝」と思った時もありました。

でも、そこじゃない。

と気がついたのは、知ったからって
何が変わるのだろう?何かを変えたいわけではないけど、
変わることで疑問は解けるということを感じ、
じゃあ、疑問を解くためには行動すること💛と
思いつきました。

行動すること?
それ、難解だよね•*¨*•.¸¸♬

と思い、そこから行動について考え、
さらには行動したい気持ちになることさえできたら、
行動はできるはず💕と思い、
そこから行動したい気持ちになるための
脳信号について考えました。

あ💝わかったぞ〜🩺

なあんて思う間もなく、
人は人を通して愛について知ってみたいんだ!と
思いました。

しかし、そこじゃない。
またまた、そこじゃない。
じゃあ、なんだろう?

と考え、さらには天にいる神という存在に
聞くしか答えはないのか?!という結果論を得て、
そうじゃないはず💡という考えを具体化したい一心で
脳と脳信号のことを学び始めました。

だって、そうでしょ?

見えないでいる世界。
それは誰にもある。
神がいても、いなくても、だれでもそう。
だから、神という特化した特別の存在はいらない。
とても大切なこと。
でも、特別な存在はいらない。
なぜなら、特別な人にしかわからない心のありか。
そうなると、特別な人じゃない人はどうなる?

など、またまた疑問が湧いてきて、
そうして、結論として、
今、相談ツールとしてオパを使っています。
これはヒラメキ💡を作るシステムです。

ヒラメキ💡を作るシステム???
と思う方もいらっしゃると思います。

でも、ヒラメキ💡とは、誰でもある直感
のようなもの。

だから、特別ではない。

以心伝心に似ている。

だから、人と人が交流する限りあるもの。

で、そこに戻った。

そこに摩擦を感じたくないわたしは、
人といるとヒラメキ💡を感じるといいという結論。

そう。

そうだと嬉しいな。

毎瞬毎瞬に使いたいヒラメキ💡

なあんて思うと、次から次に出てくるのは
じゃあ、思いこみってなあに?
じゃあ、太々しい態度ってどうして?
よりいいものを求める気持ちはなんでだろう?
もっと不衛生な気持ちもあるかもしれない。
それって、インナーチャイルドから来ているの?

などなど感じ、そうしてその秘密がわかるといいと
心から思った。

ただただ快適な毎日の暮らしをしたいために•*¨*•.¸¸♬

そう。

そういう繊細さを持って生まれてしまったわたし。
必要なことはもっと違うことかなあ…って思うけど、
でも、そこに特化した何かを見つけたら、
わたしは、そしてわたしのような繊細な人も
快適な毎日が送れるに違いない💛

なども思った。

でも、それは違う。

ただただ自分のためだったなあ。。。♬

そうなると、人は自分一人で生きていればいいのか?
という疑問も生まれ、それはとうとう全人生の
ほとんどを費やして、人との交信ツールについて
考える人になった。

あ〜あ💠 もっと違うことに
この繊細さを使いたかったなあ….と
思うことはある。
でも、もっと違うことって何があるのだろう?
そう、小さい時はピアノだった。
音の世界に没頭したなあ…。

今もそう。

今行っている通信ツールは音の世界。

音。

それは音響とは違う。

音。

それは長い間に培った人の思いや感情や
さまざまなものが入り混じった音。

その音は、どこでどうやって作られている?

そう。

音は、自由に自分を奏でる。
だから、信号を必要としている。

信号とはなんだろう?

そう。

信号とは、自分自身を奏でる弦のようなもの。

弦は、どこにある?

あ〜、弦のありかか〜….。

またまたわからないぞ🌻

弦のありかは、そう、空気にある。

空気。

じゃあ、どうやって空気の弦を見つけるの?

さあね???

なあんて思うのも束の間、
信頼という言葉に集めた意志を固めると
空気の中にあるたくさんの層のような弦に
行き着く。

へえ….。

それっていうのは、弦の見つけ方を知る必要がある?

いや、ない。

なぜなら、人はその方法を自分でまさぐりながら
生きている。

だから、それは人に任せられている。

でも、そこを上手に自分でコントロールする
方法はないのだろうか?

そう。

ある。

それは秘密のような空気の層について知ること。

そこには愛がある。
夢がある。
見えていない自分がいる。

あたかも自然派のように過ごしている
キャンバスを地球🌍にしている人の多くは、
疲労という言葉にある情報には無縁で、
かつ人との関係にも無縁で、
必ず言うのは愛。

えっ?

愛って、そんなに素晴らしいものなの?
愛って、ずんどこ♪ずんどこ♪って感じの愛もあるよね?
愛って、外と中の不一致によってもたらすものなの?

なあんて、またまた感じいるわたし。

でも、ちょっと待って✋

人と人との交信について学んだわたしは、
愛をどのように使っているのかな?
何を愛としているのかな?
愛は、どうなっていると理解しているのかな?

そう。

気持ちの中にあるものではなくて、
信号。それを愛と勘違いしているかもしれない。
でも、それって原点であるかもしれないけど、
愛は、言動であり行動。

おっと❤️

やっと届いた💝

そう。愛は言動であり行動。

だから、このフラストレーションの塊だった
わたしの指針にあった問題は解けた。

言動であり行動。

だから、愛に対応することは何もない。
愛を口に出しても何もしないなら、
愛に対する行動のない日々なら、
そうだよね。何にもならない。
自分が感じてきたこと。
自分に負担をかけてきたこと。
自分を謳歌しないでいること。

じゃあ、だったら思おう🌹

今やっていることは愛だと。
これがわたしの結論だと。
わたしはこれがやりたくて自分を眺めてきたと。
眺めた結果、
人へのサポートをするからいいのではなく、
自分らしい言動と行動ができているから、
これはきっと愛ということになるのかな。

そう思うと楽しい。
そして、嬉しい。
さらには今度のケア法はどんなものが
今の空気にあってるだろう?と吟味する。

さてさて、自分のためにしてきた
空気の層を読む作業。
もうそろそろやめたい。

だって、人は動揺する時のルールがあることを
発見したから。

その動揺は、もちろん人と人との交流によって
できるのだけれど、でも、それっていうのは
自分にセンサーを持っているからってわかった。

じゃあ、センサーを取り外しちゃえ〜〜🎇

こんなものいるか〜〜って。

そのセンサーはどこにあるのか、
何をしているのか、
なぜここにあるのか、

なあんてことがわかるといい。
それがこの図。

きっと人には伝わらないだろう。
でも、自分の記念にここに置いておこう。
いつか誰かの役に立つかもしれない。。。
なあんてことはお節介。
でも、気持ちの上で、
わたしの中にはいつもそれがあった。
それはどこのセンサーの異常かな?

あ、わかった。

それは意志の存在に迷いがあるから。
それはどこのセンサー???

え〜っと、それは誤作動をしている場所があるってこと。

誤作動。

意味不明。

でも、誤作動っていつもするよね。
だから、誤作動をする前に
まずはセンサーを強化して、
さらにはセンサーが一番安定するやり方を知って、
そして、最後にそれ以外のセンサーを消す❣️

このやり方がいいと思う。

それで、今から要らないセンサーを消すことにしよう•*¨*•.¸¸♬

それは今、ここで宣言してみよう。

要らないセンサーは要らないよ〜〜〜。

すると、幽霊みたいなものは要らない。
かつて人との交流で感じた人の思いや感情。
それも要らない。

だから、それは本当は幽霊みたいなもの。

そこには何もない身体の外にあるだけの人の感情。
そんなものは捨てた方がいい。
人の話をよく聞く人。
そういう人はもうそんなセンサーを外すといい。

あ、それ、どこ?

え〜っと。。。。

今から始める「藤松弓子個人音声セミナー」で
1つづつゆっくり話てみようかな。

それがいい。

今の時にふさわしい、新しい時を迎えようとしている
今だから、そう、1年かけて1つづつ古いセンサーを
外す作業をしていこう。

きっと、誰にも役に立つ。

そうして、人はきっと聖人君主にはならないけど、
魂の叫びとして人への恐怖を持つとか、
疑いの中にいる自分をどうにもできないとか、
そういったことはなくなるはず。

そうだといいな。

藤松弓子個人音声セミナーが始まります。
わたしもどんな話をするのか決めていないので、
今はワクワクした楽しさだけです。

今から始まる時代の総合的な問題も
少なくなっていき、さらには困難な部分が
ほんの少し残っているとしたら、
そこに柔らかいメスのようなモノを入れて、
サクッと流していきたいと思っています。

では、長いご案内になりました。
よかったら、まだ時間があるので、
少しでいいので、この文章もですがい、
これから見ていただくセミナーの案内など
じっくり読んでいただくと嬉しいです。

そして、
7月7日は販売予定。
7月20日は配信予定。

ぜひ一緒にやっていきましょう。

ここまで読んでいただいて
見てみよう!と思っていただく方は
ここをクリックしてみてください。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です