真っ白な朝に思うこと

写真:6月20日の朝。何も見えないくらい真っ白。そして、少しづつ太陽が見えてきた様子

今日は暖かなお茶を飲みましょう。
それは確かなことを確認したいから。

それは長い間の辛い気持ちからの開放とは違い、
何かしら落ち着きのある日を過ごすため。

あ〜あ、そうしよう。

人の中にあった不幸な気持ちは終わろうとしている。

そうして、人間はしあわせを感じたいと思うようになる。

今、そういうことを引き起こしてくれるような時。

あ〜あ、そうなんだ❤️と思ってみるといい。

すると、本当にどこからかしあわせがやってきて、
どうにもならなかったこともドンドン
外に追いやってくれるかもしれない。

あ〜あ、相当の苦しみはもう終わり。

だとしたら、お父さんとお母さんの中の問題は
自然消滅していく方向かもしれない。

わたしたちの中には父や母との共存した思いがある。

それはもう終わってもいい時。

そして、それが終わろうとしている。

あ〜あ、よかった。

そして、それによるしあわせに乾杯🥂


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です