ハレーション 自分の中にある情景

自由な自分を想定するなど、
様々なことに精を出したこれまで。

やっと心理性や精神性について
細かいタグをつけて説明していくことが
できるようになったように思う。

人の大きな問題が2種に
分けられるとしよう。

1つは、分類としては心理性。
1つは、分類として精神性。

わたしの中のどちらも適正という部分でいうと
かなり広がりもあったし、また深みもあったと
思う。

事実として心理的な発見が好きだったし、
精神的な問題に首を突っ込むようなことも
多々やってきたように思う。

情報の質量ということで言うと、
質のいい、悪いは、
どこにポイントがあるかは決めていなかった。

もしかしたら、今も意識レベルでは
決めていないかもしれない。

場に応じて、または人との関係に応じて
さらには行動の範囲に応じて、
など質の良し悪しの判断をしている。

バッと見には、どうやって決めているかを
簡単に話すとすると、

ガイダンス(第三者からの介入による導き)は
精神性。

思い込んでいるものが何かあるとしたら、
それは心因的なことが多いので心理性。

という風に分けていて、
多分自分の問題かまたは他者からの問題かを
区別している。

区別の判断は、オパでしている。

一応のルールとしては、
自分の問題、または他者の問題と分けるため、
自分の問題は神経の痛み、
他者の問題はホルモン過多などが
多くあるように思う。

そして、それは長年の経験からわかること。

つまり、判断としては特に考えていない。
でも、判断の基準を自分と他者に分けるという
ことがあり、それがそれぞれ身体症状のこと
だとしていくと、神経的な症状の多い時は、
自分にベクトルが向き過ぎだとわかる。

と同時に世界観の問題や付着している感覚が
少し変だなと思う時はホルモン過多であろうと
推察する。

こうしていっているうちに
楽しいこともあるし、そうでないこともある。

楽しいこととは認めている自分の判断の基本が
割と症状と合っていると安心する。
安心は楽しいことと同じだ。

さらにそうでないこととは、
事実と全く違うもう1つの対峙すべきことが
ひょっと顔を出した時。

ムッとした表情。
わかってもらえない!という口調。
あなた、それでも人のケアをする人なの!という
攻撃にも似た話ぶり。

うっ!となる。
そして、あ〜あ、もうこうして
人へのサポートをするのはやめようと思う。

でも、やめない。

それは何故?

きっと、自分が自分の中の問題にも似た
不要な感情を持っていると感じたら、
それはなくした方がいい!と気がつくから。

それは大切なことに執着しているのではなく、
「大事なこと」という枠を作っているとわかる。

枠はない方がいい。
なぜなら辛いから。

枠は要らない。
なぜなら人は大きく言うと一人では生きれないから。

なんて思うので、ケアをやめることができない。

実際に孤独を感じたり、
こうしよう!と思えなくなったり、
不安が大きくしょうがない(^_^;)などと感じたり、

そういうことっていつもあるわけじゃない。
でも、たまにあるとする。
それは気持ちの上でかなりきついこと。

さあ〜と流れる楽しさを感じ、
うん!と思えるような話を聞くと、
人ってとても嬉しい気持ちになるし、
そこから次々に新しい発想に変わる。

それを知っているわたしは、
方法ではなく、芯の通った話がしたいし、
それを自分にも話してあげたい。

なぜ?

人は、よく迷うものだから。
人は、清々した気持ちを持ちたいものだから。
人は、うんとたくさんの情報の中に自分が必要とする
ものを選びたいものだから。

それをわたしは今仕事としている。
うんと楽しいだけではないが、
でも、やっていて最終的に
人間っていいなあ❤️って思う瞬間が多い。

つまり、人の多くのことは
すっかり話すことでなくなることもあるし、
そうでなく、辛い気持ちが神経やホルモンの
中にある場合などの辛さはその人の人生を
大きくはばむ。

わたしがそうだったし、
たくさんの人へのケアをして
多くのみなさんもそんな体験をして今を
生きていると思う。

だから、もっといいやり方ってないかな?と
思うことによって、わたしは自分の脳に相談し、
さらに身体症状の解決もできる脳ってあるのかな?
と思案し、さらに後悔するという方法って
どこに何を感じるから後悔が生まれるのかを
探し、結論として思うのは、

脳と身体と意識と言われている波動を
きっちりガッチリ角度を変えていくことが
いいと思っている。

冷ますお湯を飲んだ人が、
それ、熱かったお湯を冷ましたのですね?と
わかることはほとんどないかな。
いや、あるかもしれない。
熱いお湯にしてしまうと
エネルギーはなくなる。
だから、わかる人は冷めたお湯を口にした時
これは、活力がない水!と評価するかもしれない。

だとすると、人は冷ましたお湯のような
活力のない日々は過ごさない方がいい。

わたしはそう思う。
だから、必死でオパを編み出したように思う。

わたしの人生の中にあって、
必要なことは自分を愛すること。
そして、自分不在をやめて、
実際に自分を共に生きる糧として、
年齢を重ねることだった。

今、そういうことをしてきたなあと
思う。

2022年の始まりは、気持ちがいい。

* * * * * * * *  * * * * * * *
これからの時代に合った脳の使い方を知りたい方へ!
👉テレオパシーセミナー

🆕疲れた問題を脳や身体に残しているそれをなくしたい方へ!
👉藤松弓子個人音声セミナー

🆕嬉しい楽しいオパイベント
👉オパイベントサイト

🆕現実的な処理の仕方について興味がある方へ!
👉リーディンガーは世界を変える
(月1回1時間のZOOMセミナー)

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(未来へのアドバイス)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

楽しく自分を変えるオパJOYカード
👉オパJOYカード

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイ
お友達になってください!

🆕音声に乗せたブログ
👉standFM 「元気になるオパラジオ」
(今は休止中💧そのうちにまた🌈)

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 藤松弓子ブログ
* * * * * * * *  * * * * * * *



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。