事実を事実として認める

星の降る里から歩いて20分のところに新しくできたバラ園

「事実を事実として認める」ということ。
どのように感じますか?

かつてわたしはそのようなことにとても信頼を
置いていたように思います。

それから事実は事実だから、その事実を曲げるとか、
何かに対して遠慮するとか、そういうことは
しないで、ちゃんと見たままにそれを伝える
ことができるといいなあとちょっとした
憧れもあったようにも思います。

そこから次に思ったのは、
それはそうだけど、事実を事実として認めたい自分がいて
目の前にいる人が事実は事実として認めたがらない
とした時、話はどうなるのかな?ということ。

そうだ!簡単な方法がありそうだな!ということも
ひらめいた。

わかった!という感じとは違って、
実験が好きなわたしは、
少しづつ少しづつ人へのサポートに変更を
させてみた。

わあ!これはおもしろい!というよりも、
変化について知ると、さらに効果があるような気がして、
1つづつその変化を感じることに専念した。

ある日、その効果がわかる時が来た。

まるで自分と同じような価値観を持った人で、
かつ話はまあまあ理解できる人が目の前に来て、
たくさんのことを話だす機会があった。

その時、人は人として毎日の内外不一致や
損得勘定のようなことも持っているのは
全く構わないのだけれど、その基準、
それが可能性というところにあるとした時、
わたしはそれを切るというか、その可能性は
実現可能でしょう?と言ってしまうタチ。

でも、人は何となく可能性を追うということが
何よりも楽しくて仕方がないという思いが
あるようで、単純にいうと夢を持つ人生のような
ことになるのだと思うけれど、それが楽しいという
感触を理解した。

そして、それについてこう思った。

ふうん…あ〜あ、そうかあ…、
きっと、この目の前の人の目的は特になく、
ただ語ることに楽しさを感じているんだ!
だったら、それに合わせておこう❤️と。

しかし、それはできない相談だった。

なぜなら、人は人の話を大脳という部位で
聞く修正があるので、大脳はその話に大して
退屈だなあ…と思うしかない。

つまり、早く話を切り上げたくなる。

そうして、何とも言えない不調を感じ始める。

あ!すみません。わたしちょっと眠たくなって
しまいました。ごめんなさい。
お先に失礼します。

そんな言葉を後にして、わたしは退席する。

うん、この方法もいい。

真ん中にある脳に従ってみるやり方。

次にこういうこともやってみた。

割と脳は行き来することができるため、
わたしは大脳のとなりにある大脳新皮質と
大脳を繋いでみた。

そして、いつもそこを同時に使うことに設定した。

すると、大脳と大脳新皮質は、いつも一緒にいてくれ、
さらには大きな影響を受けないような設定もできるように
なった。

いいぞ👏 と思った。

しかし、結構大脳と大脳新皮質は危ない橋は嫌いらしい。

ついつい過去の話になると癒しみたいなことを
始めてしまう。

おやっ⁉︎ これはいけないぞ!と
今度はもっと少なく見積もってもそうならないように
設定をしたいと思った。

すると、どうでしょう?

過去と未来の統合をすることが大好きな
延髄や松果体や中脳や小脳たちが言った。

割と損な脳の使い方をしているね💓

えっ!と驚くわたし((((;゚Д゚)))))))

ということで、人と人との損なモチベーションなどについて
色々考えた結果、人は少なくとも誰かを助けたいと
思っていて、それが表に出ると、それが知らないうちに
相手に伝わっていって、そこから癒すという作業を
脳や波動が始めてしまう。

あ!これはいけない⚠️とわかった時にはもう遅い。
それは行われてしまう。なぜならそれが脳の設定に
なっているから。

ということで、小さなことでも大きなことでも、
そんなことが起こっているという事実。

その事実を見た時に思った。

いやあ…、きっといい方法があるはずだ(*_*)

そう思うと、気持ちはそこに向いた。
実験好きなわたしはまた自分に実験を重ねた。
そして、思った。

わかった!脳という脳全部を使うといいんじゃないかな。

つまり、脳が脳として機能した時に
いつも使っている脳はもちろんのこと、
その時の状況の判断、そしてそこから次に起こるであろうこと、
それを確認した上で、今自分がやればいいことを
感じとることができる設定をしようじゃないか!
と思い、それを始めた数ヶ月前。

そうして、昨日それは完成した。

よかった❤️

その方法についてはまた知らせることが
できるようになったらお知らせする予定ですが、
でも、1つ言えるのは、自分が感じている脳に対して
癒しと整理をしたい!という設定があると、
どうしてもそれをやってしまうということ。

その事実は事実として認めるといい。

すると、次に自分がしたいことに対して
脳に設定することができる。

その事実。それも知るといい。

設定は、楽しいけど、無茶なことはしない方がいい。
脳は万能ではない。

角度を変えていうと
脳は波動と一緒に動いているから、
波動にもお伺いを立てた方が万全。

波動はどうしたいと思っているか、
波動について学ぶことは素晴らしい。
そうして、もしかしたら波動の整理が進んでいくと
脳に設定をしていたそこは実は波動の整理を
するだけで角度が変わるので、それが実態を
動かすのかもしれない。

そう思って、わたしは今波動の整理講座を
始めています。

実に色々なことが楽しく動いていると思います。

少なくとも、わたしはそうです。

さらに波動の整理とともにあるのは
自分の脳に対する万能な、その時の状況に
順応する仕組み。

この仕組みを知ると、本当に楽しい。
順応に重きを置くのか、
自分を外に出すことに重きを置くのか、
その両者を比べてみて、比べた結果前者であれば
そのような脳を使っている。
後者であればそのような脳を使っている。
単純にそれだけ。

だとしたら、今何を求めているといいかについて
考えるなら、気持ちは澄んだ方がいい。
気分も楽な方がいい。
だから、きっと今の状況に順応するのがいいと思います。

そうなると脳にそれを言い続けていくと
何かが変わる。そして覚えてくれるとしても、
その中にある波動にもそれを伝えること。

そうすると、波動は波動として役割があるので、
そこにYESと言ってくれることもあるでしょう。

わたしはそんなことに特化した脳と波動のことを
知るのがとても楽しいし、嬉しい。

さらに、それを伝えるというか教えるというか、
それも好き。なぜならその時、もう一度
自分にも伝えることができるから。

その時の素敵な相互関係における波動の動き。
そこにはしあわせな時間しかない。

ついつい人と人との交信のツールがあるため、
そのツールの配信のパターン化したものについて
知るといいと思うけれど、絶対ではない。

でも、知ることはいい。
知って、それを元に戻すのはいい。

だけど、そこには何かしら思いは持たない方がいい。

* * * * * * * *  * * * * * * *

これからは脳に波動を重ね合わせた使い方をする時代
👉オパエッセンス講座18

🆕大脳をシャキッと!
(月1回1時間のZOOMセミナー)
👉したいことを声に出そう(石井瞳)5月26日(木)
👉無限の力があなたにはある(多々良文恵)6月3日(金)
👉あなたの中にある情報はいいものですか?(小塚友美)6月4日(土)
👉自由に装う「美」(平井友香子)6月5日(日)

🆕脳や身体を軽くしたい方へ!
👉仕事の展開力開発セミナー

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(未来へのアドバイス)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

楽しく自分を変えるオパJOYカード
👉オパJOYカード

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイ
お友達になってください!

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 藤松弓子ブログ
* * * * * * * *  * * * * * * *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。