仕事に対する姿勢ーその1 神経を緩めましょう

「仕事に対する姿勢ーその1」

おじいさんやおばあさんの仕事ぶりを見ていて
美しいなあと思ったことって、ありますか?

わたしの小さいころは、おじいさんや
おばあさんは近くにいるにはいましたが、
すでに隠居状態で特に仕事をしている姿は
見たことがありません。

ただ、人生の中にあった様々なことを経験して
今があるんだなあということはよく思っていました。

そして、それが姿に現れるというか、
表情や、ちょっとした細かいことに対しての
評価の中に、自然な形での喜びも感じているのも
見ていました。

その喜びは、どんなものかはわからないし、
今わたしが感じる喜びとは質も違うのかもしれません。

彼らは、ずっと細いエネルギーの空洞を持っていて、
(想像です!)それをどんどん消耗したのではないかと
わたしは思っています。←これは今です。

さて、そこで彼らの戦争体験や不安を持った毎日の
中での「ご飯は食べられるかな?」などの
精神や心理的圧を測ることはできませんが、
そこには今のわたしからは到底計り知れない状態が
あったことは確かなように思います。

それは日々の生活の中にある仕事とのつながりも
そうですし、そこじゃない間合いにある空気の動き
かもしれないですが、ちょっとしたことに繊細で
過敏な神経の動きがあったのではないかと思います。

そこを上手に解決すると彼らがどのようなことに
なったかなどは到底想像がつかないのですが、
解決できるとももちろんわからないのですが、

でも、そういったちょっとしたご年配の方々の
ご苦労からやってきた空気を読むという姿勢の中には
妄想とは違う現実的な方法の1つとして、
相手の所作による空気の読み方のピンと張り詰めた
神経の使い方があったかもしれません。

そうなると、わたしはそれをちょっと
引きずっているかもそれません。

そうであるなら、そこは神経の連動をしている
松果体との関係や角度の問題を確認してみると
いいのかもしれません。

まだそこには至っていないので、
今はなんとも言えないのですが、
今日は、そういったことに関する情報の確認と、
それから次に起こることは自分の神経と松果体の
連動を切る、またはそこにあった不安などを
追うのをやめることも可能かと思います。

強い意志、さらにはよりいい感度、または
必死で生きようとする自分にある情操的な発想。

それをも今日のうちに減らす、またはなくすことは
とてもいい日になると思います。

もっと言うと、今日の摩擦的発想を感じたら、
その時に「オパ!」と言ってみる。
それでも摩擦的発想がなくならないなら、
「オパ→JOY!オパ→オパ」と言ってみる。

というやり方もどん底にある情報の質の
問題に対するちょっとした変化があるかもしれません。

仕事に対する姿勢の1つとして、
神経による摩擦の解決はしないで、
神経を使って何かを感じたら、
すぐに上記のオパのスイッチを入れてみてください。

すると、信号のような発信の機能である
「波動」というものがすぐに動いてくれます。

これは大なり小なり…とも言えるのですが、
多少なりとも動いてくれますので、
ぜひ使ってみてください。

そして、それがしっかり動いたな!と思う方は
オパの発動の機能をよく理解することが
できると思うので、ぜひ次の機会には
「波動の整理講座」にて波動のことを
よく理解して自分に取り入れてください。

神経の疲れがなくなるため、
仕事の量もですが、それよりも質も
自分に合ったサイズになっていくのと同時に
冴えた動きができるので、
サクッと仕事が進んでいくでしょう。

以上、今日は神経の動きの話でした❤️


* * * * * * * *  * * * * * * *
自分を愛する秘訣はオパの脳の整理講座
👉オパ講座

これからは脳に波動を重ね合わせた使い方をする時代
👉オパエッセンス講座18&オパイベント

🆕大脳をシャキッと!
(月1回1時間のZOOMセミナー)
2021年11月からスタートしたオパイベントは終了しました。
次回は2022年9月開始を予定しています❤️

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
👉LINE公式サイト
お友達になってください!
* * * * * * * *  * * * * * * *




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。