オパにはいろんな側面がある

写真:テレオパシーセミナー特別講座「「新しい時代に教育からうまれる価値観」講師吉澤あさひ さん

ずっとしたいことをしている人にはわからない価値観。

それを感じたお話でした。

わたしもそういうことを感じたことがあります。
人の価値観の中には色んなしがらみがあるなあ…と。

そして、それが今のオパに発展しています。

まあ、言ってみれば、計算式的にいうと
マイナーな感情から始まった問題について
考え、そして構成した新しいわたしらしい
価値観がオパだと感じています。

その基本には、

本当に人はどうやって生きることがいいのか。

という命題が自分の人生にあったようでした。

それは、誰が何を言ったからといって
感じたことではなく、たまたまの環境設定から来た
ものだと思います。

人との関係においてバツの悪いことをしている
わけでもないのに、何だか遠慮しちゃうとか、
全く思ってもみない批評を受け、
えっ?わたしってそんな風に人に映って
いるの?という驚き。

そういうことを経て感じる不平等や、
悲しみの多い理解からきたものでした。

これはわたしの場合の話です。

このことについてはいつかまたじっくり
お話することもあると思います。

決して楽しくないことから発展した
自分の憑依みたいなものに気がついた時の
感覚。そしてそれの脱色🌺

わたしはいつも美味しいものを食べ、
驚くくらい聡明で、かつ信頼する自分もいて、、、
などと思っていたのに、実はすごい誰かの
感覚をもらっていたという事実。

その発覚はすごい現実逃避をすることになるのかなあ。

ということで、今回のあさひさんの話は、
それとは全く違い、彼女の場合は、
特殊と言われる学校のスタッフを選んで
数年間働いて、その後に体調不良になったという事実。

それはネガティブな発想とは全く異なる事例。

単に体調不良になったという事実。

そこから始まる島での生活。
それにプラスした生きるとか働くということを
確実に学び、そこから外国への憧れも持ち、
渡欧する予定だったそうでした。

それがコロナでできなくなってしまったその時に
ちょうどその直前にオパに出会っていたので
じゃあ、オパを極めてみようか!ということで
オパセラピストになり、オパイベント講師に
なったという経緯の方です。

ですので、余裕ある別世界からの目でみた
オパへの関心が広がるお話でした。

わたしの知っているオパにはない楽しさや
複数の問題解決とは違う、信念の中心にある
何も分け隔てしないオパという価値観を
みなさんに聴いていただいたようです。

とても刺激にもなり、また新しい学校教育について
話すことで、あまり新鮮な教育方法に触れたことが
ない方も、へえ〜!という気持ちで聴いていただいた
と思います。

また、次にはセミナーやWSもしていかれると
お聞きしています。

その時には、摩擦のない形の生き方の1つとして
オパのこと、そしてそれを実践してあさひさんのこと、
また、それをきっかけにした新しい生き方のこと、
などみなさんで楽しい時間を持っていただくと
いいなあと思います。

もし、興味がある方はFBオパなどに
次のお知らせを載せますので、それをお待ちください。

では、あさひさん、ありがとうございました💝

* * * * * * * *  * * * * * * *
これからの時代に合った脳の使い方を知りたい方へ!
👉テレオパシーセミナー

🆕疲れた問題を脳や身体に残しているそれをなくしたい方へ!
👉藤松弓子個人音声セミナー

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(未来へのアドバイス)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
週1回10分自分自身に戻る時間「オパ会」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイ
お友達になってください!

🆕音声に乗せたブログ
👉standFM 「元気になるオパラジオ」

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 yumiko fujimatsu サイト
* * * * * * * *  * * * * * * *


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です