今日は、Dog&Cat講座です🐶

シーズー 元気君(14歳)とジャックラッセルテリア ミズちゃん(12歳)

Dog&Cat講座は、毎回とてもスムーズに
進みます。

それは犬や猫好きな人たちが
集まってくださるからです。

犬や猫との会話を中心とした日々ではなくても
いいので、でも、大切な犬や猫との関係に
おいて、しあわせを感じることができるなら
それは必要とする毎日のたくさんの喜びを
感じさせてくれます。

わたしは小さい頃から犬が大好きで、
犬のいない生活はしたことがないと言っても
いいくらいです。

外国での生活をしている時は、
日本においていくしかないこともありました。

でも、その時は調べに調べて、
わたしが犬を連れていくのは無理だと
わかった時には、少々の悲しさは
ありましたが、環境に順応するしかない!と
割り切って、預かっていただく方にお願いして
離れ離れになったこともあります。

でも、その時にもっと話すことができたら、
もう少し変わる現状があったかもしれないなあと
思うことがありました。

その時は、まだ犬との対話はよくできていなくて、
少しはいつもの表情を見ているとわかる気持ち
があったのですが、「話す」というところまでは
できませんでした。

その時、話ができていたら、
もっと彼女にわかるように話して、
彼女の気持ちも聞いて、
さらにはちょうどいいことを
預かってくださる方にお願いして
出発できたかなあと思います。

ちょっとしたこともそうですし、
そうじゃなく、色んなことを上手に
することは、相手との対話があるといいなあと
思います。

相手が動物だとしたら、
もっと親身になって話すことが必要。

相手が動物だからこそ、
もっと親切な対応をすることが必要。

なぜなら声をあげることができないから。

そう思うと、動物たちとの対話にとって
必要なことは飼い主たちの動物に
寄り添う気持ちなのかなと思います。

しかも自分勝手にではなく、
相手に合ったやり方で。

ずっと気になっていることがあるなら、
相手に聞いてみる。

ずっと話したいと思うなら、
ある1つの具体的なことについて話てみる。

行動してみるといい。

交信することも重要だと思うのですが、
行動をすること。

行動によって相手は何かを感じ、
そして、それに答えてくれます。

答えてくれたそこに相手の気持ちがあるので、
それを知ってみたいと思うといいでしょう。

えっ?という表情や行動をしたら、
「嫌だったの?』と聞いてみる。

「そうだよ!もっと優しく扱って!」と
相手が返事しているのが聞こえるかもしれません。

もっと言うと、人が人として何をするかが鍵。

何もしないと、対話はできません。

やってみて、様子を見て、それを確認してみましょう。

今日は、そんな話をしていきたいと思います。

ちょうど子育てと同じだと思います。

* * * * * * * *  * * * * * * *
🧚‍♀️🆕👼オパイベントの様子などを覗いてみたい方へ
👉FBオパイベント

これからの時代に合った脳の使い方を知りたい方へ!
👉テレオパシーセミナー

🆕疲れた問題を脳や身体に残しているそれをなくしたい方へ!
👉藤松弓子個人音声セミナー

🆕嬉しい楽しいオパイベント
👉オパイベントサイト

🆕現実的な処理の仕方について興味がある方へ!
👉リーディンガーは世界を変える
(月1回1時間のZOOMセミナー)

オパアドバイスが欲しい!
👉ご相談(未来へのアドバイス)

わたしも!オパが使えるようになりた〜い💝
👉オパ講座

楽しく自分を変えるオパJOYカード
👉オパJOYカード

毎日のお役に立つ!「今日のラッキーオパ」
👉LINE公式サイトオパコミュニテイお友達になってください!

🆕音声に乗せたブログ
👉standFM 「元気になるオパラジオ」
(今は休止中💧そのうちにまた🌈)

オパ本拠地 星の降る里から
👉オパ創始者 藤松弓子ブログ
* * * * * * * *  * * * * * * *



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です